以下の丸山林平「定本古事記」は、同氏の相続人より、SSI Corporationが著作権の譲渡を受けたものである。

古事記の中を検索する

丸山林平「定本古事記」

- 上巻 -

【 神代の物語 】

原 文
故、此大國主突、娶下坐二蹴形奧津宮一突、多紀埋豐賣命上生子、阿遲【二字以音】午高日子根突。筱妹高比賣命。亦名下光比賣命。此之阿遲午高日子根突隅、今謂二聟毛大突一隅也。大國主突、亦娶二突屋楯比賣命、生子、事代主突。亦娶二找嶋牟遲能突【自牟下三字以音】之女鳥耳突、生子、鳥鳴恭突。【訓鳴云那留】此突、娶二日名照額田豐蕈男伊許知邇突、【田下豐樸自伊下至邇皆以音】生子、國竄富突。此紳、娶二葦那陀聟突、【自那下三字以音】亦名找河江比賣、生子、芫甕之多氣佐波夜遲奴美突。【自多下找字以音】此突、娶二天之甕主突之女電玉比賣、生子、甕主日子突。此突、娶二淤加美突之女比那良豐賣、【此突名以音】生子、多比理岐志揺流美突。【此突名以音】比突、娶二比比羅木之其花揺豆美突【木上三字、花下三字、以音】之女活玉電玉比賣突、生子、美呂浪突。【美呂二字以音】此突、娶二敷山主突之女呟沼馬沼押比賣、生子、布竄富鳥鳴恭突。此突、娶二若晝女突、生子、天日腹大科度美突。【度美二字以音】此突、娶二天狹霧突之女蘚津待根突、生子、蘚津山岬多良斯突。  右件、自二八嶋士奴美突一以下、蘚津山岬帶突以電、稱二十七世突。
読み下し文
故、此の大国主神、蹴形の奥津宮に坐す神、多紀理豐売命に娶ひて、生みませる子、阿遅【二字、音を以ふ。】午高日子根神。次に妹高比売命。亦の名は下光比売。此の阿遅午高日子根神は、今、聟毛大御神と謂す者なり。大国主神、亦神屋楯比売命に娶ひて、生みませる子、事代主神。亦找島牟遅能神【牟より下の三字、音を以ふ。】の女鳥耳神に娶ひて、生みませる子、鳥鳴海神。【鳴を訓み云てナルとふ。】此の神、日名照額田豐道男伊許知邇神に【田の下の豐、又伊より下の邇に至る、皆音を以ふ。】娶ひて生みませる子、国忍富神。此の神、葦那陀聟神、【那より下の三字、音を以ふ。】亦の名は找河江比売に娶ひて、生みませる子、速甕之多気佐波夜遅奴美神。【多より下の找字、音を以ふ。】此の神、天之甕主神の女前玉比売に娶ひて、生みませる子、甕主日子神。此の神、淤加美神の女比那良志豐売に娶ひて、【この神の名、音を以ふ。】生みませる子、多比理岐志麻流美神。【この神の名、音を以ふ。】此の神、比比羅木之其花麻豆美神【木の上の三字、花の下の三字、音を以ふ。】の女活玉前玉比売神に娶ひて、生みませる子、美呂浪神。【美呂の二字、音を以ふ。】此の神、敷山主神の女青沼馬沼押比売に娶ひて、生みませる子、布忍富鳥鳴海神。此の神、若昼女神に娶ひて、生みませる子、天日腹大科度美神。【度美の二字、音を以ふ。】此の神、天狭霧神の女遠津侍根神に娶ひて、生みませる子、遠津山岬多良斯神。  右の件、找嶋士奴美神より以下、遠津山岬帯神までを、十七世の神と称す。
丸山解説
☆この条に。大国主神の子孫の神名を悉く掲げているが、大国主神の御子のうち、事代主神に次いで重要なる「建御名方神」を漏らしているのは、不審である。 〔阿遲午高日子根突〕あぢすきたかひこねのかみ。「午」は「すき」と読む。記伝の「しき」は、下文に「阿遅志貴高日子根神」とあるのによる無理な訓。紀には「味耜高彦根神」とあり、「耜」は「午」とひとしく「すき」。その訓注に、「味耜、此云二婀膩須岐。」とあり、また、歌謡には「阿泥素企多伽避顧斑」とある。また、播磨風土記には「阿遅須岐」、出雲風土記にも「阿遅須枳」、出雲国造神賀詞にも「阿遅須伎」とある。
田中孝顕 注釈

Page Top▲

このページはフレーム構成になっています。
左側にメニューが表示されていない方は、下記URLをクリックしてください。
http://www.umoregi.com/koten/kojiki/