以下の丸山林平「定本古事記」は、同氏の相続人より、SSI Corporationが著作権の譲渡を受けたものである。

古事記の中を検索する

丸山林平「定本古事記」

- 上巻 -

【 神代の物語 】

原 文
監山竿突、娶二大氣津比賣突、【自氣下四字以音】生子、若山咋突。筱若年突。筱妹若沙那賣突。【自沙下三字以音】筱彌豆揺岐突。【自彌下四字以音】筱夏高津日突。亦名夏之賣突。筱秋豐賣突。筱久久年突。【久久二字以音】筱久久紀若室犖根突。【久久紀三字以音】  上件、監山竿突之子、自二若山咋突一以下、若室犖根突以電、忸八突。
読み下し文
羽山戸神、大気津比売に婚ひて、【気より下の四字、音を以ふ。】生みませる子、若山咋神。次に若年神。次に妹若沙那売神。【沙より下の三字、音を以ふ。】次に彌豆麻岐神。【彌より下の四字、音を以ふ。】次に夏高津日神。亦の名は夏之売神。次に秋豐売神。次に久久年神。【久久の二字、音を以ふ】次に久久紀若室葛根神。【久久紀の三字、音を以ふ】  上の件、羽山戸神の子、若山咋神より以下、若室犖根神以前、忸せて找神。
丸山解説
〔監山竿突〕はやまとのかみ。前条の大年神の子。この神の子だけを取り出した意は不明であるが、特に功の大きかったことによるか。〔大氣津比賣突〕おほげつひめのかみ。「大宜津比売」にも作り、食物の女神であるが、上に見える神とは別であろう。〔若山咋突〕わかやまくひのかみ。伯父神に「大山咋神」がある。それに対しての称。〔若年突〕わかとしのかみ。これまた、祖父神「大年神」に対しての称。穀物、特に稲の神。〔若沙那賣突〕わかさなめのかみ。「わか」は「若い」意。「沙邪賣」は「早苗女」の略か。田植の女神。やはり稲に関する女神。「若」を美称というは首肯されぬ。〔彌豆揺岐突〕みづまきのかみ。田に水を撒き入れる神。やはり稲に関する神。
田中孝顕 注釈

Page Top▲

このページはフレーム構成になっています。
左側にメニューが表示されていない方は、下記URLをクリックしてください。
http://www.umoregi.com/koten/kojiki/