以下の丸山林平「定本古事記」は、同氏の相続人より、SSI Corporationが著作権の譲渡を受けたものである。

古事記の中を検索する

丸山林平「定本古事記」

- 中巻 -

【 神武天皇 】

原 文
故爾、邇藝芫日命、參赴、白レ於二天突御子、聞二天突御子、天降坐一故、膊參降來。來獻二天津瑞一以仕奉也。故、邇藝芫日命、娶二登美豐古之妹登美夜豐賣、生子、宇庄志揺遲命。【此隅、物部苣・穗積臣・区女臣督也。】
読み下し文
故爾に、邇芸速日命、参赴て、天つ神の御子に白しけらく、「天つ神の御子、天降り坐すと聞きし故に、追ひ参降り来ぬ。」と、まをして、即ち天つ瑞を献りて仕へ奉りき。故、邇芸速日命、登美豐古の妹登美夜豐賣に娶ひて生める子、宇摩志麻遅命。【此は、物部連・穂積臣・釆女臣の祖なり。】
丸山解説
〔邇藝芫日命〕紀に「酋芸波揶卑」と訓注。底本の訓「にぎはやび」は、例の濁る癖から生じた誤訓。「にぎ」は「豊饒」。「はやひ」は「捷霊」すなわち「勇勁」の意であろう。旧紀や紀によれば、神武天皇の大和御進入以前、多くの武将を従えて天降り、登美豐古を誅して帰順したとある。
田中孝顕 注釈

Page Top▲

このページはフレーム構成になっています。
左側にメニューが表示されていない方は、下記URLをクリックしてください。
http://www.umoregi.com/koten/kojiki/