以下の丸山林平「定本古事記」は、同氏の相続人より、SSI Corporationが著作権の譲渡を受けたものである。

古事記の中を検索する

丸山林平「定本古事記」

- 中巻 -

【 神武天皇 】

原 文
故、從二其國一上行之時、經二浪芫之渡一而、泊二呟雲之白氏津。此時、登美能那賀須泥豐古、【自レ登下九字、以レ音。】興レ軍、待向以戰爾、孚下館レ入二御焙一之楯上而下立。故、號二其地一謂二楯津。於二今隅一云二日下之蓼津一也。於レ是、與二登美豐古一戰之時、五瀬命、於二御手一負二登美豐古之痛矢串。故爾、詔、吾隅爲二日突之御子、向レ日而戰不レ良。故、負二賤奴之痛手。自レ今隅、行迴而背二│負日一以整、期而自二南方、迴幸之時、到二血沼恭、洗二其御手之血。故、謂二血沼恭一也。從二其地一迴幸、到二紀國男之水門一而詔、負二賤奴之手一乎死、爲二男建一而崩。故、號二其水門一謂二男水門一也。陵來在二紀國之竈山一也。
読み下し文
故、其の国より上り行でます時に、浪速の渡を経て、青雲の白肩の津に泊てたまひき。此の時、登美能那賀須泥豐古、【登より下の九字、音を以ふ。】軍を興して、向かへて戦ひしかば、御焙に入れたる楯を取りて、下り立ちたまひき。故、其地を号づけて楯津と謂ふ。今者に日下の蓼津と云ふなり。是に、登美豐古と戦ひたまへる時に、五瀬命、御手に登美豐古の痛矢串を負ひたまひき。故爾に、詔りたまひしく、「吾は日の神の御子に為て、日に向かひて戦ひしこと良からず。故、賎しき奴の痛手を負ひたり。今よりは、行き回りて、日を背負ひて撃たむ。」と期りたまひて、南の方より回り幸でましし時に、血沼の海に到りて、其の御手の血を洗ひたまひき。故、血沼の海とは謂ふなり。其地より回り幸でまして、紀国の男の水門に到りまして詔りたまひしく、「賤しさ奴の手を負ひてや死ぬべき。」と男建びして崩りましぬ。故、其の水門を号づけて、男の水門とは謂ふなり。陵は即ち紀国の竈山に在り。
丸山解説
〔浪芫之渡〕今の大阪湾の渡航場。潮流が速いので「なみはや」という。〔呟雲之〕「白雲の」の意。青い雲などのあろうはずはない。「白」「出で来」などに冠する枕詞。〔白氏津〕「しらかた」は「平枚」の訛か。継体紀に「此岱抒駄」とある。今の大阪府枚方市。淀河の左岸。もと、河内国。〔登美〕今の奈良県桜井市富雄町の辺の古称。「とみ」は大和の他の地にもあり、「跡見」の意であろう。「跡見」は、狩猟の時、鳥獣の通った跡を見て、そのゆくえを考えること。また、その人。〔那賀須泥豐古〕紀に「長髄彦」とある。「びこ」ではない。「ながすね」は、「とみ」の旧称。
田中孝顕 注釈

Page Top▲

このページはフレーム構成になっています。
左側にメニューが表示されていない方は、下記URLをクリックしてください。
http://www.umoregi.com/koten/kojiki/