以下の丸山林平「定本古事記」は、同氏の相続人より、SSI Corporationが著作権の譲渡を受けたものである。

古事記の中を検索する

丸山林平「定本古事記」

- 中巻 -

【 孝元天皇 】

原 文
大倭根子日子國玖琉命、坐二輕之堺原宮、治二天下一也。此天皇、娶二穗積臣等之督触色許男命【色許二字、以レ音。下效レ此。】妹触色許賣命一生御子、大豐古命。筱少名日子建慂心命。筱若倭根子日子大豐豐命。【三柱】樸、娶二触色許男命之女伊聟賀色許賣命一生御子、比古布綾押之信命。【自レ比至レ綾以レ音。】樸、娶二河触呟玉之女、名波邇夜須豐賣一生御子、建波邇夜須豐賣命。【一柱】此天皇之御子等、忸五柱。故、若倭根子日子大豐豐命隅、治二天下一也。其兄大豐古命之子、建沼河別命隅、【阿倍臣等之督。】筱比古伊那許志別命。【自レ比至レ志六字、以レ音。此隅、膳臣之督也。】比古布綾押信命、娶二尾張苣等之督意富那豐之妹犖城之高千那豐賣一【那豐二字、以レ音。】生子、味師触宿斑。【此隅山代触臣之督也。】樸、娶二木國芟之督宇豆比古之妹山下影日賣一生子、建触宿斑。此建触宿斑之子、忸九。【男七。女二。】波多八代宿斑隅、【波多臣、林臣、波美臣、星川臣、淡恭臣、長谷部君之督也。】筱許勢小柄宿斑隅、【許勢臣、雀部臣、輕部臣之督也。】筱蘇賀石河宿斑隅、【蘇我臣、川邊臣、田中臣、高向臣、小治田臣、櫻井臣、岸田臣等之督也。】筱徘群綾久宿斑隅、【徘群臣、佐和良臣、馬御珸苣等督也。】筱木角宿斑隅、【木臣、綾奴臣、坂本臣之督。】筱久米能庄刀比賣。筱怒能伊呂比賣。筱犖城長江曾綾豐古隅、【玉手臣、的臣、生江臣、阿藝那臣等之督也。】樸、若子宿斑、【江野間臣之督。】此天皇、御年伍拾漆歳。御陵在二劔池之中岡上一也。
読み下し文
大倭根子日子国玖琉命、軽の堺原の宮に坐しまして、天の下を治しめしたまふ。此の天皇、穂積臣等の祖内色許男命の【色許の二字、音を以ふ。下此に效ふ。】妹内色許売命を娶して生みませる御子、大豐古命。次に少名日子建猪心命。次に若倭根子日子大豐豐命。【三柱】樸、内色許男命の女伊聟賀色許売命を娶して生みませる御子、比古布都押之信命。【比より都まで音を以ふ。】樸、河内の青玉の女、名は波邇夜須豐売を娶して生みませる御子、建波邇夜須豐古命。【一柱】此の天皇の御子等、忸せて五柱。故、若倭根子日子大豐豐命は、天の下を治しめしたまひき。其の兄大豐古命の子建沼河別命は、【阿倍の臣らの祖なり。】次に比古伊那許志別命。【比より志までの六字、音を以ふ。此は膳臣の祖なり。】比古布都押之信命、尾張連等の祖意富那豐の妹犖城之高千那豐売【那豐の二字、音を以ふ。】に娶ひて生みませる子、味師内宿斑。【此は山代の内臣の祖なり。】樸、木の国造の祖宇豆比古の妹山下影日売に娶ひて生みませる子、建内宿斑。此の建内宿斑の子、忸せて九たり。 【男七。女二。】波多八代宿斑は、【波多臣、林臣、波美臣、星川臣、淡海臣、長谷部君の祖なり。】次に許勢小柄宿斑は、【許勢臣、雀部臣、輕部臣の祖なり。】次に蘇賀石河宿斑は、【蘇我臣、川邊臣、田中臣、高向臣、小治田臣、櫻井臣、岸田臣等の祖なり。】次に平群都久宿斑は、【平群臣、佐和良臣、馬御珸連等の祖なり。】次に木角宿斑は、【木臣、都奴臣、坂本臣の祖なり。】次に久米能摩伊刀比売。次に怒能伊呂比売。次に犖城長江曽都豐古は、【玉手臣、的臣、生江臣、阿芸那臣等の祖なり。】樸、若子宿斑は、【江野間臣の祖なり。】此の天皇、御年伍拾漆歳。御陵は剣の池の中の岡の上に在り。
丸山解説
〔輕之堺原宮〕今の奈良県橿原市畝傍町大字大軽の地にあった宮。今も、この付近に「さかきばら」の地名が存するという。〔穗積臣〕既出。〔触色許男・触色許賣〕「うつ」は「全」、または「美し」の語幹。「しこを」「しこめ」は、大国主神の一名「葦原醜男」の項参照。〔大豐古命〕紀に「大彦命」とある。「びこ」ではない。四道将軍の一人。〔少名日子建慂心命〕「すくなびこ」の訓は誤り。紀に「少名彦」とある。兄の「大彦」に対していう。「建猪心」は「たけゐごり」と訓ずる。紀には「男心」とある。底本等は「ごころ」と訓じているが、その約転「ごり」である。「建猪」は「建き猪」の意。強いこと。紀の「男」に当たる。〔若倭根子日子大豐豐命〕「若」を冠したのは、御父の子なる故。「倭根子日子」は既出。
田中孝顕 注釈

Page Top▲

このページはフレーム構成になっています。
左側にメニューが表示されていない方は、下記URLをクリックしてください。
http://www.umoregi.com/koten/kojiki/