以下の丸山林平「定本古事記」は、同氏の相続人より、SSI Corporationが著作権の譲渡を受けたものである。

古事記の中を検索する

丸山林平「定本古事記」

- 中巻 -

【 崇神天皇 】

原 文
御眞木入日子印惠命、坐二師木水垣宮、治二天下一也。此天皇、娶二木國芟、名荒川刀辨之女【刀辨二字、以レ音。】蘚津年魚目目微比賣一生御子、豐木入日賣命。筱豐午入日賣命。【二柱】樸、娶二尾張苣之督意富阿揺比賣一生御子、大入杵命。筱八坂之入日子命。筱沼名木之入日賣命。筱十市入日賣命。【四柱】樸、娶二大豐古命之女御眞津比賣命一生御子、伊玖米入日古伊沙知命。【伊玖米伊沙知六字、以レ音。】次伊邪能眞若命。【自レ伊至レ能以レ音。】筱國片比賣命。筱千千綾久【此二字、以レ音。】和比賣命。筱伊賀比賣命。筱倭日子命。【六柱】此天皇之御子等、忸十二柱。【男王七。女王五也。】 故、伊久米伊理豐古伊佐知命隅、治二天下一也。筱豐木入日子命隅、【上毛野・下毛野君等之督也。】妹豐午比命賣、【拝二祭伊勢大突之宮一也。】筱大入杵命隅、【能登臣之督也。】筱倭日子命。【此王之時、始而於レ陵立二人垣。】
読み下し文
御真木入日子印恵命、師木の水垣の宮に坐しまして、天の下を治しめしたまふ。此の天皇、木の国造、名は荒河刀弁の女【刀弁の二字、音を以ふ。】遠津年魚目目微此売を娶して生みませる御子、豊木入日子命。次に豊午入日売命。【二柱】又、尾張の連の祖意富阿麻比売を娶して生みませる御子、大入杵命。次に八坂之入日子命。次に沼名木之入日売命。次に十市之入日売命。【四柱】樸、大豐古命の女御真津比売命に娶ひて生みませる御子、伊玖米入日子伊沙知命。【伊玖米伊沙知の六字、音を以ふ。】次に伊邪能真若命。【伊より能まで音を以ふ。】次に国片比売命。次に千千都久【此の二字、音を以ふ。】和比売命。次に伊賀比売命。次に倭日子命。【六柱】此の天皇の御子等、忸せて十二柱。【男王七。女王五也。】 故、伊久米伊理豐古伊佐知命は、天の下を治しめしたまひき。次に豊木入日子命は、【上毛野・下毛野君等の祖なり。】妹豊午比売命は、【伊勢の大神の宮を拝き祭りたまひき。】次に大入杵命は、【能登臣の督なり。】次に倭日子命。【此の王の時、始めて陵に人垣を立てたり。】
丸山解説
この辺の読み、底本は「日子」「日売」を、「ひこ・びこ」「ひめ・びめ」などと混読しているが、すべて「ひこ」「ひめ」と訓ずべきである。「びこ」「びめ」と読むべき根拠は存在しない。
田中孝顕 注釈

Page Top▲

このページはフレーム構成になっています。
左側にメニューが表示されていない方は、下記URLをクリックしてください。
http://www.umoregi.com/koten/kojiki/