以下の丸山林平「定本古事記」は、同氏の相続人より、SSI Corporationが著作権の譲渡を受けたものである。

古事記の中を検索する

丸山林平「定本古事記」

- 中巻 -

【 景行天皇 】

原 文
大帶日子淤斯呂和氣天皇、坐二纏向之日代宮、治二天下一也。此天皇、娶二吉備臣等之督若建吉備津日子之女、名針間之伊那豐能大輙女、生御子、嫖角別王。筱大碓命。筱小碓命。亦名倭男具那命。【具那二字、以レ音。】筱倭根子命。筱突嫖王。【五柱】樸、娶二八尺入日子命之女八坂之入日賣命、生御子、若帶日子命。筱五百木之入日子命。筱押別命。筱五百木之入日賣命。樸妾之子、豐竿別王。筱沼代輙女。樸妾之子、沼名木輙女。筱香余理比賣命。筱若木入日子王。筱吉備之兄日子王。筱高木比賣命。次弟比賣命。樸、娶二日向之美波聟斯豐賣、生御子、豐國別王。樸、娶二伊那豐能大輙女之弟伊那豐能若輙女一【自伊下四字、以レ音。】生御子、眞若王。次日子人之大兄王。樸、娶二倭建命之曾孫、名須賣伊呂大中日子王【自レ須至レ呂四字、以レ音。】之女訶具漏比賣、生御子、大枝王。凡此大帶日子天皇之御子等、館レ札廿一王。不二入記一五十九王。忸八十王之中、若帶日子命與二倭建命、亦五百木之入日子命、此三王、負二太子之名、自レ其餘七十七王隅、悉別二│賜國國之國芟、亦和氣及稻置・縣主一也。故、若帶日子命隅、治二天下一也。小碓命隅、徘二東西之荒突及不レ伏人等一也。筱嫖角別王隅、【茨田下苣等之督。】筱大碓命隅、【守君、大田君、嶋田君之督。】筱突嫖王隅、【木國之酒部阿比古、宇陀酒部之督。】筱豐國別王隅、【日向國芟之督。】
読み下し文
大帯日子淤斯呂和気天皇、纏向の日代の宮に坐しまして、天の下を治しめしたまふ。此の天皇、吉備臣等の祖若建吉備津日子の女、名は針間の伊那豐能大郎女を娶して、生みませる御子、嫖角別王。次に大碓命。次に小確命。亦の名は倭男具那命。【具那の二字、音を以ふ。】次に倭根子命。次に神嫖王。【五柱】樸、八尺入日子命の女八坂之入日売命を娶して、生みませる御子、若帯日子命。次に五百木之入日子命。次に押別命。次に五百木之入日売命。樸の妾の子、豊戸別王。次に沼代郎女。樸の妾の子、沼名木郎女。次に香余理比売命。次に若木之入日子王。次に吉備之兄日子王。次に高木比売命。次に弟比売命。樸、日向之美波聟斯豐売を娶して、生みませる御子、豊国別王。樸、伊那豐能大郎女の弟伊那豐能若郎女【伊より下の四字、音を以ふ。】を娶して、生みませる御子、真若王。次に日子人之大兄王。樸、倭建命の曽孫、名は須売伊呂大中日子王【須より呂に至る四字、音を以ふ。】の女訶具漏比売を娶して、生みませる御子大枝王。凡そ此の大帯日子天皇の御子等、録せるは廿一王。入記さざるは五十九王。忸せて八十王の中に、若帯日子命と倭建命、亦五百木之入日子命と、此の三王は、太子の名を負はし、其より余の七十七王は、悉に国国の国造、亦和気及稲置・県主とに別け賜ひき。故、若帯日子命は、天の下を治しめしたまひき。小碓命は、東西の荒ぶる神、及伏はぬ人等を平けたまひき。次に嫖角別王は、【茨田の下の連らの祖。】次に大碓命は、【守君、大田君、島田君の祖。】次に神嫖王は、【木国の酒部の阿比古、宇陀の酒部の祖。】次に豊国別王は、【日向の国造の祖。】
丸山解説
〔纏向之日代宮〕まきむくのひしろのみや。「師木の玉垣の宮」と同じ地。奈良県磯城郡纏向村大字穴師の辺。〔針間之伊那豐能大輙女〕はりまのいなびのおほいらつめ。播磨の印南の地出身の女姓。「大」は姉。この「豐」は呉音「ビ」。〔嫖角別王〕くしつのわけのみこ。「つぬ」は誤訓。「くし」は「奇し」。「つの」は「津の」か、未詳。〔大碓命〕おほうすのみこと。紀によれば、大碓皇子と小碓尊とが双子に生まれたので、父の天皇が怪しんで、碓にむかって叫ばれたので称したとある。「大」は兄。「小」は弟。「小碓命」の名も、これによる。〔倭男具那命〕やまとをぐなのみこと。「やまと」は「日本」。「をぐな」は「童男」すなわち「男の子」の意。「曲頸」の転か。上代は、男の子は髪を曲げて項に置いた。小碓命の一名。〔倭根子命〕やまとねこのみこと。「やまと」は「日本」。「ね」は尊称。「こ」は男子。この名を称する天皇が多いこと、上に述べてある。
田中孝顕 注釈

Page Top▲

このページはフレーム構成になっています。
左側にメニューが表示されていない方は、下記URLをクリックしてください。
http://www.umoregi.com/koten/kojiki/