以下の丸山林平「定本古事記」は、同氏の相続人より、SSI Corporationが著作権の譲渡を受けたものである。

古事記の中を検索する

丸山林平「定本古事記」

- 中巻 -

【 神武天皇 】

原 文
於レ是、亦高木大突之命以、覺白之、天突御子、自レ此於二奧方、莫レ使二入幸。荒突甚多。今自レ天、虔二八咫烏。故、其八咫烏引レ蕈。從二其立後一應二幸行。故、隨二其辻覺、從二其八咫烏之後一幸行隅、到二吉野河之河尻。時作レ筌有二孚魚人。爾、天突御子、問二汝隅誰也。答曰、僕隅國突、名謂二贄持之子。【此者、阿陀之鵜養之督。】從二其地一幸行隅、生レ尾人、自レ井出來。其井有レ光。爾、問二汝隅誰也。答曰、僕隅國突、名謂二井氷鹿。【此者吉野首等督也。】來入二其山一之、亦蓚二生レ尾人。此人、押二│巖一而出來。爾、問二汝隅誰也。答曰、僕隅國突、名謂二石押分之子。今聞二天突御子幸行一故、參向耳。【此者吉野國厥之督。】自二其地一蹈穿越、幸二宇陀。故、曰二宇陀之穿一也。
読み下し文
是に、亦高木大神の命以て、覚して白りたまひしく、「天つ神の御子、此より奥つ方に、な入り幸でしめそ。荒ぶる神甚多かり。今天より八咫鳥を遣さむ。故、其の八咫烏道引かむ。其の立たむ後より幸でますべし。」と、のりたまひき。故、其の教へ覚したまへる随に、其の八咫烏の後より幸行でまししかば、吉野河の河尻に到りたまひき。時に筌を作りて取魚る人あり。爾に、天つ神の御子、「汝は誰也。」と問ひたまへば、答へて曰しけらく、「僕は国つ神、名な贄持の子と謂す。」と、まをしけり。【此は阿陀の鵜養の祖なり。】其地より幸行でたまへば、尾の生えたる人、井より出で来。其の井に光あり。爾、「汝は誰也。」と問ひたまへば、答へて曰しけらく、「僕は国つ神、名は井氷鹿と謂す。」と、まをしけり。【此は吉野の首らの祖なり。】即て其の山に入りたまひしかば、亦尾の生えたる人に遇へり。此の人、巌を押し分けて出で来。爾、「汝は誰也。」と問ひたまへば、答へて曰しけらく、「僕は国つ神、名は石押分の子と謂す。今天つ神の御子幸行でますと聞きしかば、参向かへまつるにこそ。」と、まをしけり。【此は吉野の国巣の祖なり。】其地より踏み穿ち越えて、宇陀に幸でましき。故、宇陀の穿とは曰ふなり。
丸山解説
〔覺白〕紀には、天照大神が夢で覚されたとある。伝の相違。なお、「白」の文字を用いたのは、天つ神の御子を貴んでのことか。やはり「詔」の文字を用いるべきところ。〔天突御子〕神武天皇をさす。以下同じ。〔莫使入幸〕この「使」は敬語。〔八咫烏〕一般に「やたがらす」と読みならわされているが、上巻、石屋ごもりの段に「八阿多」とあり、紀には「頭八咫烏」とある。よって、しばらく「やあたがらす」と訓ずることとする。〔隨二其辻覺〕底本は「隨」を「墮」に誤る。
田中孝顕 注釈

Page Top▲

このページはフレーム構成になっています。
左側にメニューが表示されていない方は、下記URLをクリックしてください。
http://www.umoregi.com/koten/kojiki/