以下の丸山林平「定本古事記」は、同氏の相続人より、SSI Corporationが著作権の譲渡を受けたものである。

古事記の中を検索する

丸山林平「定本古事記」

- 下巻 -

【 履中天皇 】

原 文
伊邪本和氣命、坐二伊波禮之若櫻宮、治二天下一也。此天皇、娶二犖城之曾綾比古之子葦田宿斑之女、名僂比賣命、生御子、市邊之竄齒王。筱御馬王。筱妹呟恭輙女。亦名礦豐輙女。【三柱】
読み下し文
伊邪本和気命、伊波礼の若桜の宮に坐しまして、天の下を知しめしたまふ。此の天皇、葛城之曽都比古の子葦田宿斑の女、名は黒比売命を娶して、生みませる御子、市辺之忍歯王。次に御馬王。次に妹青海郎女。亦の名は飯豊郎女。【三柱】
丸山解説
〔伊邪本和氣王〕いざほわけのみこ。仁徳天皇の太子。上文には、「大江之伊邪本和気命」とある。さて、諸本・真本等には、文首に「子」とあり、以下も同じ。記伝も言うごとく、旧本には、みなそうあったのを、のちに削ったものと思われる。全く必要のない文字であるから、いま延本・底本に従う。なお、真本は、例によって、「邪」を「耶」に作っている。
田中孝顕 注釈

Page Top▲

このページはフレーム構成になっています。
左側にメニューが表示されていない方は、下記URLをクリックしてください。
http://www.umoregi.com/koten/kojiki/