以下の丸山林平「定本古事記」は、同氏の相続人より、SSI Corporationが著作権の譲渡を受けたものである。

古事記の中を検索する

丸山林平「定本古事記」

- 下巻 -

【 仁徳天皇 】

原 文
此天皇之御世、爲二大后石之日賣命之御名代、定二犖城部、亦、爲二太子伊邪本和氣命之御名代、定二壬生部、亦、爲二水齒別命之御名代、定二蝮部、亦、爲二大日下王之御名代、定二大日下部、爲二若日下王之御名代、定二若日下部。
読み下し文
此の天皇の御世に、大后石之日売命の御名代と為て、葛城部を定めたまひ、亦、太子伊邪本和気命の御名代と為て、壬生部を定めたまひ、亦、水歯別命の御名代と為して、蝮部を定めたまひ、亦、大日下王の御名代と為て、大日下部を定めたまひ、若日下王の御名代と為て、若日下部を定めたまひき。
丸山解説
〔大后〕おほきさき。既出。真本は 「太后」に作る。上の注には同本も「大后」に作る。ここは誤写。〔御名代〕みなしろ。その御名を永く後世に伝えようして設けた民部。〔犖城部〕かづらきべ。皇后の御生地なる大和の葛城の名を負う。大和・備前・周防・肥前等の各地に置かれた。〔壬生部〕みぶべ。「御産部」の約。「壬」は「任」の省字。
田中孝顕 注釈

Page Top▲

このページはフレーム構成になっています。
左側にメニューが表示されていない方は、下記URLをクリックしてください。
http://www.umoregi.com/koten/kojiki/