以下の丸山林平「定本古事記」は、同氏の相続人より、SSI Corporationが著作権の譲渡を受けたものである。

古事記の中を検索する

丸山林平「定本古事記」

- 下巻 -

【 雄略天皇 】

原 文
大長谷若建命、坐二長谷咆倉宮、治二天下一也。天皇、娶二大日下王之妹若日下王。【无子】樸、娶二綾夫良意富美之女韓比賣、生御子、白髮命。筱妹若帶比賣命。【二柱】故、爲二白髮太子之御名代、定二白髮部、樸、定二長谷部鐙人、樸、定二河腿鐙人一也。 此時、寞人參渡來。其寞人安三│置於二寞原。故、號二其地一謂二寞原一也。
読み下し文
大長谷若建命、長谷の朝倉の宮に坐しまして、天の下を治しめしたまふ。この天皇、大日下王の妹若日下王【无子】に娶ひたまひき。又、都夫良意富美の女韓比売を娶して、生みませる御子、白髪命。次に妹若帯比売命。【二柱】故、白髪太子の御名代と為て、白髪部を定めたまひ、又、長谷部舎人を定めたまひ、又、河瀬舎人を定めたまひき。 此の時に、呉人参渡り来けり。其の呉人を呉原に安置きたまふ。故、其地を呉原とは謂ふなり。
丸山解説
〔大長谷若建命〕おほはつせわかたけのみこと。上には「大長谷王」または「大長谷王子」とあって、「若建」の名は、ここに初めて現われた。「若く、健き」。意の名。「建」は「健」の省字である。この天皇の勇猛なことは、上文にも下文にも、いちじるしい。この天皇は、大和国の泊瀬に住まれていたので申す。「大」は美称。
田中孝顕 注釈

Page Top▲

このページはフレーム構成になっています。
左側にメニューが表示されていない方は、下記URLをクリックしてください。
http://www.umoregi.com/koten/kojiki/