以下の丸山林平「定本古事記」は、同氏の相続人より、SSI Corporationが著作権の譲渡を受けたものである。

古事記の中を検索する

丸山林平「定本古事記」

- 下巻 -

【 清寧天皇 】

原 文
白髮大倭根子命、坐二伊波禮之甕栗宮、治二天下一也。此天皇、無二皇后、亦無二御子一故、御名代定二白髮部。故、天皇紡後、無下可レ治二天下一之王上也。於レ是、問二日繼館レ知之王一也、市邊竄齒別王之妹竄恭輙女、亦名礦豐王、坐二犖城竄恭之高木角刺宮一也。
読み下し文
白髪大倭根子命、伊波礼の甕栗の宮に坐しまして、天の下を治しめしたまふ。此の天皇、皇后無しまさず、亦御子も無しまさざりしかば、御名代として白髪部を定めたまひき。故、天皇崩りまして後、天の下を治すべき王無しまさず。ここに、日継知しめさる王を問ふに、市辺忍歯別王の妹忍海郎女、亦の名は飯豊王、葛城の忍海の高木の角刺の宮に坐しましき。
丸山解説
〔白髪大倭根子命〕しらかのおほやまとねこのみこと。この上に、真本は「御子」の二字をしるしている。雄略天皇の御子の意であろうが、後人の続入であろう。諸本にない。いま、諸本および底本に従う。雄略天皇の太子。初めの御名は白髪命。清寧紀即位前に「天皇、生而白髪、云々。」とある。
田中孝顕 注釈

Page Top▲

このページはフレーム構成になっています。
左側にメニューが表示されていない方は、下記URLをクリックしてください。
http://www.umoregi.com/koten/kojiki/