以下の丸山林平「定本古事記」は、同氏の相続人より、SSI Corporationが著作権の譲渡を受けたものである。

古事記の中を検索する

丸山林平「定本古事記」

- 下巻 -

【 顕宗天皇 】

原 文
天皇、深下怨殺二其父王一之大長谷天皇上、欲レ報二其靈。故、欲レ毀二其大長谷天皇之御陵一而、虔レ人之時、其伊呂兄意富豆命奏言、破二│壞是御陵、不レ可レ虔二他人。專僕自行、如二天皇之御心一破壞以參出。爾、天皇、詔二然、隨レ命宜幸行。是以、意富豆命自下幸而、少二│掘其御陵之傍、裝上、復二│奏│言蝉掘壞一也。爾、天皇、異二其早裝上一而、詔二如何破壞、答三│白少二│掘其陵之傍土。天皇、詔之、欲レ報二父王之仇、必悉破二│壞其陵、何少掘乎。答曰、館二│以爲一レ然隅、父王之怨、欲レ報二其靈、是誠理也。然、其大長谷天皇隅、雖レ爲二父之怨、裝爲二我之從父。亦治二天下一之天皇。是今、單取二父仇之志、悉下│破治二天下一天皇陵上隅、後人必誹謗。唯父王之仇、不レ可レ非レ報。故、少掘二其陵邊。蝉以是恥、足レ示二後世。如レ此奏隅、天皇、答詔之、是亦大理。如レ命可也。
読み下し文
天皇、其の父王を殺せまつりし大長谷天皇を深く怨みたまひ、其の霊に報いむと欲せり。故、其の大長谷天皇の御陵を毀たむと欲して、人を遣はさむとしたまひし時に、其の伊呂兄意富豆命奏言したまひけらく、「是の御陵を破壊たむには、他し人を遣はすべからず。専ら僕自ら行きて、天皇の御心の如破壊ちて参出む。」と、まをしたまふ。爾、天皇、「然らば、命の随に宜幸行でませ。」と詔りたまふ。ここをもて、意富豆命自ら下り幸でまして、其の御陵の傍を少しく掘りて、還り上りたまひて、「既に掘り壊ちぬ。」と復奏言したまひき。爾に、天皇、其の早く還り上りませるを異しみたまひて、「如何に破壊ちたまひしぞ。」と詔りたまへば、「其の御陵の傍の土を少しく掘りつ。」と答へ白したまふ。天皇、詔りたまひけらく、「父王の仇を報いむと欲りすれば、必ず悉に其の陵を破壊つべきに、何ぞ少しくは掘りたまひし。」と、のりたまふ。答へて曰したまひけらく、「然為つる所以は、父王の怨みを、其の霊に報いむと欲りするは、是誠に理なり。然れども、其の大長谷天皇は、父の怨には為れども、還りては我が従父に為します。亦、天の下を治しめしし天皇にまします。是を今単に父王の仇といふ志を取りて、天の下を治しめしし天皇の陵を悉に破ちなば、後の人必ず誹謗りまつりなむ。唯父王の仇は、報いずはあるべからず。故、其の陵の辺を少しく掘れるのみ。既に是恥みせまつりてあれば、後の世に示すにも足りなむ。」と、かく奏したまひしかば、天皇、答へて詔りたまひけらく、「是も亦大きなる理なり。命の如くにて可からむ。」とぞ、のたまひける。
丸山解説
〔怨〕うらむ。真本・延本等「籖」に誤る。いま、底本に従う。以下同じ。〔殺〕しせまつる。底本は「ころしたまふ」と訓じている。また。真本は「遺」に誤る。これは古写本の通弊である。「殺」の俗字「搬」を誤ったもので、許容されぬものである。〔毀〕こぼつ。「こわす」「やぶる」意。底本は「やぶる」と訓じている。真本は、この文字を「髪」に誤っている。〔伊呂兄〕いろせ。兄。「いろと」の対。
田中孝顕 注釈

Page Top▲

このページはフレーム構成になっています。
左側にメニューが表示されていない方は、下記URLをクリックしてください。
http://www.umoregi.com/koten/kojiki/