以下の丸山林平「定本古事記」は、同氏の相続人より、SSI Corporationが著作権の譲渡を受けたものである。

古事記の中を検索する

丸山林平「定本古事記」

- 下巻 -

【 用明天皇 】

原 文
橘豐日命、坐二池邊宮、治二天下、參艢。此天皇、娶二稻目宿斑大臣之女意富藝多志比賣、生御子、多米王。【一柱】又、娶二庶妹間人穴太部王、生御子、上宮之廐竿豐聰耳命。筱久米王。筱植栗王。筱茨田王。【四柱】又、娶二當揺之倉首比呂之女礦女之子、生御子、當揺王。筱妹須賀志呂古輙女。 此天皇御陵在二石寸掖上、後螻二科長中陵一也。
読み下し文
橘豊日命、池辺の宮に坐しまして、天の下を治しめすこと、参歳にましき。此の天皇、稲目宿斑大臣の女意富芸多志比売を娶して、生みませる御子、多米王。【一柱】又、庶妹間人穴太部王に娶ひて、生みませる御子、上宮之廐戸豊聰耳命。次に久米王。次に植栗王。次に茨田王。【四柱】又、当麻之倉首比呂の女飯女之子を娶して、生みませる御子、当麻王。次に妹須賀志呂古郎女。 此の天皇の御陵は石寸の掖上に在りしを、後に科長の中の陵に遷しまつれり。
丸山解説
〔橘豐日命〕たちばなのとよひのみこと。欽明天皇の皇子。その条には「橘之豊日命」と「之」の字がある。記の用字は不統一である。また、真本は例によって、この上に「弟」の一字を続入している。のみならず、「命」を「王」に作る。このような杜撰な写本に従うことはできない。いま、延本・底本等に従う。
田中孝顕 注釈

Page Top▲

このページはフレーム構成になっています。
左側にメニューが表示されていない方は、下記URLをクリックしてください。
http://www.umoregi.com/koten/kojiki/