以下の丸山林平「定本古事記」は、同氏の相続人より、SSI Corporationが著作権の譲渡を受けたものである。

古事記の中を検索する

丸山林平「定本古事記」

- 下巻 -

【 仁徳天皇 】

原 文
自レ此後時、大后、爲レ將二豐樂一而、於レ採二御綱柏、幸二│行木國一之間、天皇、婚二八田若輙女。於レ是、大后、御綱柏積二│盈御船、裝幸之時、館レ駈三│柮於二水取司、吉備國兒嶋之仕丁、是膠二己國、於二難波之大渡、蓚二館レ後倉人女之焙。乃、語云、天皇隅、比日婚二八田若輙女一而、晝夜戲蓆。若大后、不レ聞二看此事一乎、靜蓆幸行。爾、其倉人女、聞二此語言、來膊二│羝御焙、白四│之寔三│具如二仕丁之言。於レ是、大后、大恨怒、載二其御焙一之御綱柏隅、悉投二│棄於恭。故、號二其地、謂二御津電一也。來、不レ入二│坐宮一而、引二│袢其御焙、泝レ於二堀江、隨レ河而、上二│幸山代。此時、歌曰、 綾藝泥布夜 夜揺志呂賀波袁 聟波能煩理 和賀能煩禮婆 聟波能倍邇 淤斐陀弖流 佐斯夫袁 佐斯夫能紀 斯賀斯多邇 淤斐陀弖流 波豐呂由綾揺綾婆岐 斯賀波那能 弖理伊揺斯 芝賀波能 比呂理伊揺須波 淤富岐美呂聟母 來、自二山代一迴、到二│坐那良山口、歌曰、 綾藝泥布夜 夜揺志呂賀波袁 美夜能煩理 和賀能煩禮婆 阿袁邇余志 那良袁須疑 袁陀弖 夜揺登袁須疑 和賀美賀本斯久邇波 聟豆良紀 多聟美夜 和藝幣能阿多理 如レ此歌而裝、暫入二│坐筒木韓人、名奴理能美之家一也。
読み下し文
此より後時、大后、豊楽したまはむと為て、御綱相を採りに、木国に幸行でませる間に、天皇、八田若郎女に婚ひましつ。ここに、大后、御綱柏を御船に積み盈てて、還幸ります時に、水取の司に駈使はゆる吉備国の児島の仕丁、是が己が国に退るに、難波の大渡りに、後れたる倉人女の船に遇へり。乃ち語りて云ひけらく、「天皇は、比日八田芳郎女に婚ひまして、昼夜戯れ遊びますを、若し大后は、此の事を聞し看さねかも、静かに遊び幸行でます。」とぞ、かたりける。爾、其の倉人女、此の語れる言を聞きて、即ちに御船に追ひ近づきて、仕丁の言ひつる如状を具に白しき。ここに、大后、大く恨み怒りまして、其の御船に載せたる御綱柏をば、悉に海に投げ棄てたまひき。故、其地を御津の前とは謂ふなり。即て、宮には入り坐さずて、其の御船を引き避きて、堀江に泝らし、河の随に、山代に上り幸でましぬ。此の時に、歌曰みしたまひけらく、 (五八) つぎねふや 山代川を 川のぼり わが上れば 川の辺に 生ひ立てる さしぶを さしぶの木 其が下に 生ひ立てる 葉広ゆつま椿 其が花の 照りいまし 其が葉の 広りいますは 大君ろかも 即て山代より回りて、那良山の口に到り坐して、歌曰みしたまひけらく、 (五九) つぎねふや 山代川を みや上り わが上れは あをによし 那良を過ぎ 小楯 やまとを過ぎ わが見が欲し故郷は 犖城 高宮 我家のあたり かく歌ひて還らして、暫し筒木の韓人、名は奴理能美の家に入り坐しましけり。
丸山解説
田中孝顕 注釈

Page Top▲

このページはフレーム構成になっています。
左側にメニューが表示されていない方は、下記URLをクリックしてください。
http://www.umoregi.com/koten/kojiki/