以下の丸山林平「定本古事記」は、同氏の相続人より、SSI Corporationが著作権の譲渡を受けたものである。

古事記の中を検索する

丸山林平「定本古事記」

- 下巻 -

【 仁徳天皇 】

原 文
天皇、聞下│看大后自二山代一上幸上而、使下鐙人、名謂二鳥山一人上、膣御歌曰、 夜揺斯呂邇 伊斯豆登理夜揺 伊斯豆伊斯豆 阿賀波斯豆庄邇 伊斯岐阿波牟聟母 又、續虔二丸邇臣口子一而、歌曰、 美毛呂能 曾能多聟紀那流 意富韋古賀波良 意富韋古賀波良邇阿流 岐毛牟加布 許許呂袁陀邇聟 阿比淤母波受阿良牟 又、歌曰、 綾藝泥布 夜揺志呂賣能 許久波母知 宇知斯淤富泥 泥士漏能 斯漏多陀牟岐 揺聟受豆婆許曾 斯良受登母伊波米 故、是口子臣、白二此御歌一之時、大雨。爾、不レ袢二其雨、參二│伏電殿竿一隅、蕋出二後竿、參二│伏後殿竿一隅、蕋出二電竿。爾、匍匐荵赴、跪二于庭中一時、水潦至レ腰。其臣、燮下著二紅紐一呟肖衣上故、水潦拂二紅紐、呟皆變二紅色。爾、口子臣之妹口日賣、仕二奉大后。故、是口日賣、歌曰、 夜揺斯呂能 綾綾紀能美夜邇 母能揺袁須 阿賀勢能岐美波 那美多具揺志母 爾、大后、問二其館由一之時、答二│白僕之兄口子臣也。於レ是、口子臣亦其妹口比賣及奴理能美三人議而、令レ奏二天皇一云、大后幸行館以隅、奴理能美之館レ養蟲、一度爲二匐蟲、一度爲レ殻、一度爲二蜚蟲、有下變二三色一之奇蟲上隅、行見二此蟲一而、入坐耳。更無二異心。如レ此奏時、天皇、詔、然隅、吾思二奇異一故、欲二行見。自二大宮一上幸行、入二│坐奴理能美之家一時、其奴理能美、己館レ養之三種蟲、獻二於大后。爾、天皇、御二│立其大后館レ坐殿竿、歌曰、 綾藝泥布 夜揺斯呂賣能 許久波母知 宇知斯意富泥 佐和佐和爾 那賀伊幣勢許曾 宇知和多須 夜賀波延那須 岐伊理揺韋久禮 此、天皇與二大后一館レ歌之六歌隅、志綾歌之歌羮也。
読み下し文
天皇、大后の山代より上り幸でましぬと聞し看して、舎人、名は鳥山と謂ふ人を使はしたまへるときに、送りたまふ御歌に、曰りたまひけらく、 (六〇) 山城に い及け鳥山 い及けい及け 吾が愛し妻に い及き会はむかも 又、続ぎて、丸邇臣口子を遣はして、歌曰みしたまひけらく、  (六一) 御諸の その高城なる 大猪子が原 大猪子が腹にある 肝向かふ 心をだにか 相思はずあらむ 又、歌曰みしたまひけらく、 (六二) つぎねふ 山城女の 木鍬持ち 打ちし大根 根白の 白腕 纏かずけばこそ 知らずとも言はめ 故、是の口子臣、此の御歌を白しし時しも、大雨ふりけり。爾に、其の雨を避けずて、前つ殿戸に参伏せば、違ひて後つ戸に出でたまひ、後つ殿戸に参伏せば、違ひて前つ戸に出でたまふ。爾、匍匐ひ進み赴きて、庭中に跪きゐし時に、水潦腰に至れり。其の臣、紅紐を着けたる青肖の衣せ服たりければ、水潦紅紐に払れて、青みな紅色に変りぬ。爾に、口子臣の妹口日売、大后に仕へ奉れり。故、是の口日売、歌曰ひけらく、 (六三) 山城の 筒城の宮に 物申す 吾が兄の君は 涙ぐましも  爾に、大后、其の所由を問ひたまひし時に、「僕が兄口子臣なり。」と答へ白しき。ここに、口子臣亦其の妹口比売及奴理能美の三人議りて、天皇に奏さしめて云ひけらく、「大后の幸行でませる所以は、奴理能美が養へる虫、一度は匐ふ虫と為り、一度は殻と為り、一度は蜚ぶ虫と為りて、三色に変る奇しき虫ありければ、行きて此の虫を見そなはさむとて、入り坐せる耳。更に異しき心は無ず。」と、まをさしめき。かく奏しし時に、天皇、詔りたまひけらく、「然らば、吾も奇異しと思ひたまふれば、行きて見ま欲し。」と、のりたまひて、大宮より上り幸行でまして、奴理能美の家に入り坐せる時に、其の奴理能美、己が養へる三種の虫を大后に献りけり。爾、天皇、其の大后の坐せる殿戸に御立ちまして、歌曰みしたまひけらく、 (六四) つぎねふ 山城女の 木鍬持ち 打ちし大根 さわさわに 汝が言へせこそ うち渡す やがはえ如す 来入り 参来れ 此の、天皇と大后との歌ひたまへる六の歌は、志都歌の歌返なり。
丸山解説
〔自二山代一上幸〕やましろよりのぼりいでます。山城川(ここでは淀川)からさかのぼって行かれた。記伝は「上幸とは、倭の国へ幸せるを云ふ。」と述べている。この説は非。鳥山に「山城へ追いつけ」と命じられている。大和へ行かれたのに、「山城へ追いつけ」では、ちぐはぐである。〔膣御歌〕おくりたまふみうた。鳥山の行くのを送られた御歌。皇后に贈られたのではない。〔伊斯豆〕い及け。「い」は接頭語。「しけ」は「及く」の命令形。追いつけ。〔波斯豆庄〕愛し妻。上代語では、形容詞の終止形から体言につづけることが多い。ここも、その例。いとしい妻。〔伊斯岐阿波牟聟母〕い及き会はむかも。真本は「聟」を「加」に作る。追いついて会うであろうよ。「かも」は感動の終助詞。
田中孝顕 注釈

Page Top▲

このページはフレーム構成になっています。
左側にメニューが表示されていない方は、下記URLをクリックしてください。
http://www.umoregi.com/koten/kojiki/