3578

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

武庫能浦乃 伊里江能渚鳥 羽具久毛流 伎美乎波奈礼弖 古非尓之奴倍之

[訓読]

武庫の浦の入江の洲鳥羽ぐくもる君を離れて恋に死ぬべし

[仮名]

むこのうらの いりえのすどり はぐくもる きみをはなれて こひにしぬべし

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 贈答 地名 兵庫県 武庫川 動物 女歌 悲別 序詞 恋情 羈旅 出発 難波 大阪

3579

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

大船尓 伊母能流母能尓 安良麻勢<婆> 羽具久美母知弖 由可麻之母能乎

[訓読]

大船に妹乗るものにあらませば羽ぐくみ持ちて行かましものを

[仮名]

おほぶねに いものるものに あらませば はぐくみもちて ゆかましものを

[注解]

波→婆 [類]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 贈答 恋情 悲別 出発 羈旅 難波 大阪

3580

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

君之由久 海邊乃夜杼尓 奇里多々婆 安我多知奈氣久 伊伎等之理麻勢

[訓読]

君が行く海辺の宿に霧立たば我が立ち嘆く息と知りませ

[仮名]

きみがゆく うみへのやどに きりたたば あがたちなげく いきとしりませ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 贈答 女歌 羈旅 出発 悲別 恋情 難波 大阪

3581

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

秋佐良婆 安比見牟毛能乎 奈尓之可母 奇里尓多都倍久 奈氣伎之麻佐牟

[訓読]

秋さらば相見むものを何しかも霧に立つべく嘆きしまさむ

[仮名]

あきさらば あひみむものを なにしかも きりにたつべく なげきしまさむ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 贈答 悲別 羈旅 出発 慰撫 恋愛 難波 大阪

3582

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

大船乎 安流美尓伊太之 伊麻須君 都追牟許等奈久 波也可敝里麻勢

[訓読]

大船を荒海に出だしいます君障むことなく早帰りませ

[仮名]

おほぶねを あるみにいだし いますきみ つつむことなく はやかへりませ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 贈答 女歌 羈旅 出発 悲別 餞別 恋愛 難波 大阪

3583

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

真幸而 伊毛我伊波伴伐 於伎都奈美 知敝尓多都等母 佐波里安良米也母

[訓読]

ま幸くて妹が斎はば沖つ波千重に立つとも障りあらめやも

[仮名]

まさきくて いもがいははば おきつなみ ちへにたつとも さはりあらめやも

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 贈答 羈旅 出発 悲別 恋愛 難波 大阪

3584

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

和可礼奈波 宇良我奈之家武 安我許呂母 之多尓乎伎麻勢 多太尓安布麻弖尓

[訓読]

別れなばうら悲しけむ我が衣下にを着ませ直に逢ふまでに

[仮名]

わかれなば うらがなしけむ あがころも したにをきませ ただにあふまでに

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 贈答 羈旅 女歌 恋情 出発 悲別 難波 大阪

3585

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

和伎母故我 之多尓毛伎余等 於久理多流 許呂母能比毛乎 安礼等可米也母

[訓読]

我妹子が下にも着よと贈りたる衣の紐を我れ解かめやも

[仮名]

わぎもこが したにもきよと おくりたる ころものひもを あれとかめやも

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 贈答 羈旅 恋情 出発 難波 大阪

3586

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

和我由恵尓 於毛比奈夜勢曽 秋風能 布可武曽能都奇 安波牟母能由恵

[訓読]

我がゆゑに思ひな痩せそ秋風の吹かむその月逢はむものゆゑ

[仮名]

わがゆゑに おもひなやせそ あきかぜの ふかむそのつき あはむものゆゑ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 贈答 出発 悲別 餞別 羈旅 恋情 難波 大阪

3587

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

多久夫須麻 新羅邊伊麻須 伎美我目乎 家布可安須可登 伊波比弖麻多牟

[訓読]

栲衾新羅へいます君が目を今日か明日かと斎ひて待たむ

[仮名]

たくぶすま しらきへいます きみがめを けふかあすかと いはひてまたむ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 贈答 地名 韓国 枕詞 悲別 羈旅 餞別 女歌 難波 大阪

3588

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

波呂波呂尓 於<毛>保由流可母 之可礼杼毛 異情乎 安我毛波奈久尓

[訓読]

はろはろに思ほゆるかもしかれども異しき心を我が思はなくに

[仮名]

はろはろに おもほゆるかも しかれども けしきこころを あがもはなくに

[注解]

母→毛 [類][紀]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 贈答 羈旅 悲別 出発 恋愛 難波 大阪

3589

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

由布佐礼婆 比具良之伎奈久 伊故麻山 古延弖曽安我久流 伊毛我目乎保里

[訓読]

夕さればひぐらし来鳴く生駒山越えてぞ我が来る妹が目を欲り

[仮名]

ゆふされば ひぐらしきなく いこまやま こえてぞあがくる いもがめをほり

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 作者:秦間満 地名 奈良 難波 大阪 出発 羈旅 恋情

3590

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

伊毛尓安波受 安良婆須敝奈美 伊波祢布牟 伊故麻乃山乎 故延弖曽安我久流

[訓読]

妹に逢はずあらばすべなみ岩根踏む生駒の山を越えてぞ我が来る

[仮名]

いもにあはず あらばすべなみ いはねふむ いこまのやまを こえてぞあがくる

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 地名 奈良 難波 大阪 出発 恋情 羈旅

3591

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

妹等安里之 時者安礼杼毛 和可礼弖波 許呂母弖佐牟伎 母能尓曽安里家流

[訓読]

妹とありし時はあれども別れては衣手寒きものにぞありける

[仮名]

いもとありし ときはあれども わかれては ころもでさむき ものにぞありける

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 悲別 羈旅 恋情 出発 難波 大阪

3592

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

海原尓 宇伎祢世武夜者 於伎都風 伊多久奈布吉曽 妹毛安良奈久尓

[訓読]

海原に浮寝せむ夜は沖つ風いたくな吹きそ妹もあらなくに

[仮名]

うなはらに うきねせむよは おきつかぜ いたくなふきそ いももあらなくに

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 悲別 出発 難波 大阪 恋情

3593

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

大伴能 美津尓布奈能里 許藝出而者 伊都礼乃思麻尓 伊保里世武和礼

[訓読]

大伴の御津に船乗り漕ぎ出てはいづれの島に廬りせむ我れ

[仮名]

おほともの みつにふなのり こぎでては いづれのしまに いほりせむわれ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 出発 難波 大阪 地名

3594

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

之保麻都等 安里家流布祢乎 思良受之弖 久夜之久妹乎 和可礼伎尓家利

[訓読]

潮待つとありける船を知らずして悔しく妹を別れ来にけり

[仮名]

しほまつと ありけるふねを しらずして くやしくいもを わかれきにけり

[注解]

之 [類][細] 志

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 悲別 恋情 難波 大阪

3595

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

安佐妣良伎 許藝弖天久礼婆 牟故能宇良能 之保非能可多尓 多豆我許恵須毛

[訓読]

朝開き漕ぎ出て来れば武庫の浦の潮干の潟に鶴が声すも

[仮名]

あさびらき こぎでてくれば むこのうらの しほひのかたに たづがこゑすも

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 地名 兵庫県 武庫川 動物 出発 羈旅 叙景 難波 大阪

3596

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

和伎母故我 可多美尓見牟乎 印南都麻 之良奈美多加弥 与曽尓可母美牟

[訓読]

我妹子が形見に見むを印南都麻白波高み外にかも見む

[仮名]

わぎもこが かたみにみむを いなみつま しらなみたかみ よそにかもみむ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 悲別 望郷 地名 加古川 兵庫

3597

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

和多都美能 於伎津之良奈美 多知久良思 安麻乎等女等母 思麻我久<流>見由

[訓読]

わたつみの沖つ白波立ち来らし海人娘子ども島隠る見ゆ

[仮名]

わたつみの おきつしらなみ たちくらし あまをとめども しまがくるみゆ

[注解]

礼→流 [紀][細]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 叙景 兵庫

3598

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

奴波多麻能 欲波安氣奴良之 多麻能宇良尓 安佐里須流多豆 奈伎和多流奈里

[訓読]

ぬばたまの夜は明けぬらし玉の浦にあさりする鶴鳴き渡るなり

[仮名]

ぬばたまの よはあけぬらし たまのうらに あさりするたづ なきわたるなり

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 枕詞 地名 岡山県 倉敷市 動物 叙景 羈旅

3599

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

月余美能 比可里乎伎欲美 神嶋乃 伊素<未>乃宇良由 船出須和礼波

[訓読]

月読の光りを清み神島の礒廻の浦ゆ船出す我れは

[仮名]

つくよみの ひかりをきよみ かみしまの いそみのうらゆ ふなですわれは

[注解]

末→未 [細]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 地名 広島 福山市 羈旅

3600

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

波奈礼蘇尓 多弖流牟漏能木 宇多我多毛 比左之伎時乎 須疑尓家流香母

[訓読]

離れ礒に立てるむろの木うたがたも久しき時を過ぎにけるかも

[仮名]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 福山 広島

3601

[題詞]

遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌

[原文]

之麻思久母 比等利安里宇流 毛能尓安礼也 之麻能牟漏能木 波奈礼弖安流良武

[訓読]

しましくもひとりありうるものにあれや島のむろの木離れてあるらむ

[仮名]

しましくも ひとりありうる ものにあれや しまのむろのき はなれてあるらむ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 福山 広島

3602

[題詞]

當所誦詠古歌

[原文]

安乎尓余志 奈良能美夜古尓 多奈妣家流 安麻能之良久毛 見礼杼安可奴加毛

[訓読]

あをによし奈良の都にたなびける天の白雲見れど飽かぬかも

[仮名]

あをによし ならのみやこに たなびける あまのしらくも みれどあかぬかも

[注解]

歌 [西] 謌 [紀][温] 哥

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 古歌 誦詠 枕詞 望郷 羈旅 転用

3603

[題詞]

當所誦詠古歌

[原文]

安乎<楊>疑能 延太伎里於呂之 湯種蒔 忌忌伎美尓 故非和多流香母

[訓読]

青楊の枝伐り下ろしゆ種蒔きゆゆしき君に恋ひわたるかも

[仮名]

あをやぎの えだきりおろし ゆだねまき ゆゆしききみに こひわたるかも

[注解]

揚→楊 [類][紀][温]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 古歌 誦詠 転用 望郷 恋情 植物 羈旅

3604

[題詞]

當所誦詠古歌

[原文]

妹我素弖 和可礼弖比左尓 奈里奴礼杼 比登比母伊毛乎 和須礼弖於毛倍也

[訓読]

妹が袖別れて久になりぬれど一日も妹を忘れて思へや

[仮名]

いもがそで わかれてひさに なりぬれど ひとひもいもを わすれておもへや

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 古歌 誦詠 恋情 望郷 羈旅 転用

3605

[題詞]

當所誦詠古歌

[原文]

和多都美乃 宇美尓伊弖多流 思可麻河<泊> 多延無日尓許曽 安我故非夜麻米

[訓読]

わたつみの海に出でたる飾磨川絶えむ日にこそ我が恋やまめ

[仮名]

わたつみの うみにいでたる しかまがは たえむひにこそ あがこひやまめ

[注解]

伯→泊 [古][細][温]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 古歌 誦詠 枕詞 恋情 望郷 兵庫 姫路 船場川 転用 羈旅

3606S

[題詞]

(當所誦詠古歌)柿本朝臣人麻呂歌曰 又曰

[原文]

敏馬乎須疑弖 布祢知可豆伎奴

[訓読]

敏馬を過ぎて 船近づきぬ

[仮名]

みぬめをすぎて ふねちかづきぬ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 古歌 誦詠 作者:柿本人麻呂 地名 兵庫 異伝 道行き 羈旅 転用

3606

[題詞]

當所誦詠古歌

[原文]

多麻藻可流 乎等女乎須疑弖 奈都久佐能 野嶋我左吉尓 伊保里須和礼波

[訓読]

玉藻刈る処女を過ぎて夏草の野島が崎に廬りす我れは

[仮名]

たまもかる をとめをすぎて なつくさの のしまがさきに いほりすわれは

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 古歌 誦詠 柿本人麻呂 枕詞 地名 兵庫 淡路 異伝 道行き 羈旅 転用

3607S

[題詞]

(當所誦詠古歌)柿本朝臣人麻呂歌曰 又曰

[原文]

安良多倍乃 須受吉都流 安麻登香見良武

[訓読]

荒栲の 鱸釣る海人とか見らむ

[仮名]

あらたへの すずきつる あまとかみらむ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 古歌 誦詠 異伝 作者:柿本人麻呂 枕詞 羈旅 転用

3607

[題詞]

當所誦詠古歌

[原文]

之路多倍能 藤江能宇良尓 伊<射>里須流 安麻等也見良武 多妣由久和礼乎

[訓読]

白栲の藤江の浦に漁りする海人とや見らむ旅行く我れを

[仮名]

しろたへの ふぢえのうらに いざりする あまとやみらむ たびゆくわれを

[注解]

時→射 [西(訂正)][類][紀][細]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 古歌 誦詠 枕詞 地名 兵庫 明石 羈旅 柿本人麻呂 異伝 転用

3608S

[題詞]

(當所誦詠古歌)柿本朝臣人麻呂歌曰

[原文]

夜麻等思麻見由

[訓読]

大和島見ゆ

[仮名]

やまとしまみゆ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 古歌 誦詠 異伝 作者:柿本人麻呂 大和 奈良 地名 明石 羈旅 望郷 転用

3608

[題詞]

當所誦詠古歌

[原文]

安麻射可流 比奈乃奈我道乎 孤悲久礼婆 安可思能門欲里 伊敝乃安多里見由

[訓読]

天離る鄙の長道を恋ひ来れば明石の門より家のあたり見ゆ

[仮名]

あまざかる ひなのながちを こひくれば あかしのとより いへのあたりみゆ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 古歌 誦詠 異伝 柿本人麻呂 羈旅 地名 明石 兵庫 望郷 転用

3609S

[題詞]

(遣新羅使人等悲別贈答及海路慟情陳思并當所誦之古歌)

[原文]

氣比乃宇美能 可里許毛能 美<太>礼弖出見由 安麻能都里船

[訓読]

笥飯の海の 刈り薦の乱れて出づ見ゆ海人の釣船

[仮名]

けひのうみの かりこもの みだれていづみゆ あまのつりぶね

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 古歌 誦詠 羈旅 枕詞 異伝 作者:柿本人麻呂 叙景 土地讃美 地名 淡路 兵庫 転用

3609

[題詞]

當所誦詠古歌

[原文]

武庫能宇美能 尓波余久安良之 伊射里須流 安麻能都里船 奈美能宇倍由見由

[訓読]

武庫の海の庭よくあらし漁りする海人の釣舟波の上ゆ見ゆ

[仮名]

むこのうみの にはよくあらし いざりする あまのつりぶね なみのうへゆみゆ

[注解]

多→太 [類][紀][細]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 古歌 誦詠 羈旅 地名 西宮 兵庫 柿本人麻呂 異伝 叙景 土地讃美 転用

3610S

[題詞]

(當所誦詠古歌)柿本朝臣人麻呂歌曰 又曰

[原文]

安美能宇良 多<麻>母能須蘇尓

[訓読]

嗚呼見の浦 玉裳の裾に

[仮名]

あみのうら たまものすそに

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 古歌 誦詠 地名 三重県 異伝 作者:柿本人麻呂 転用

3610

[題詞]

當所誦詠古歌

[原文]

安胡乃宇良尓 布奈能里須良牟 乎等女良我 安可毛能須素尓 之保美都良武賀

[訓読]

安胡の浦に舟乗りすらむ娘子らが赤裳の裾に潮満つらむか

[仮名]

あごのうらに ふなのりすらむ をとめらが あかものすそに しほみつらむか

[注解]

麻能→麻 [西(訂正)][類][紀][細]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 古歌 誦詠 地名 異伝 柿本人麻呂 羈旅 転用

3611

[題詞]

七夕歌一首

[原文]

於保夫祢尓 麻可治之自奴伎 宇奈波良乎 許藝弖天和多流 月人乎登I

[訓読]

大船に真楫しじ貫き海原を漕ぎ出て渡る月人壮士

[仮名]

おほぶねに まかぢしじぬき うなはらを こぎでてわたる つきひとをとこ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 作者:柿本人麻呂 転用 古歌 誦詠 七夕 羈旅

3612

[題詞]

備後國水調郡長井浦舶泊之夜作歌三首

[原文]

安乎尓与之 奈良能美也故尓 由久比等毛我母 久左麻久良 多妣由久布祢能 登麻利都ん武仁 [旋頭歌也]

[訓読]

あをによし奈良の都に行く人もがも草枕旅行く船の泊り告げむに [旋頭歌也]

[仮名]

あをによし ならのみやこに ゆくひともがも くさまくら たびゆくふねの とまりつげむに

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 広島 三原 作者:壬生宇太麻呂 枕詞 旋頭歌 羈旅 望郷

3613

[題詞]

備後國水調郡長井浦舶泊之夜作歌三首

[原文]

海原乎 夜蘇之麻我久里 伎奴礼杼母 奈良能美也故波 和須礼可祢都母

[訓読]

海原を八十島隠り来ぬれども奈良の都は忘れかねつも

[仮名]

うなはらを やそしまがくり きぬれども ならのみやこは わすれかねつも

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 広島 三原 望郷 羈旅

3614

[題詞]

備後國水調郡長井浦舶泊之夜作歌三首

[原文]

可敝流散尓 伊母尓見勢武尓 和多都美乃 於伎都白玉 比利比弖由賀奈

[訓読]

帰るさに妹に見せむにわたつみの沖つ白玉拾ひて行かな

[仮名]

かへるさに いもにみせむに わたつみの おきつしらたま ひりひてゆかな

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 広島 三原 羈旅 みやげ 魂触り

3615

[題詞]

風速浦舶泊之夜作歌二首

[原文]

和我由恵仁 妹奈氣久良之 風早能 宇良能於伎敝尓 奇里多奈妣家利

[訓読]

我がゆゑに妹嘆くらし風早の浦の沖辺に霧たなびけり

[仮名]

わがゆゑに いもなげくらし かざはやの うらのおきへに きりたなびけり

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 広島 安芸津町 望郷 羈旅 叙景

3616

[題詞]

風速浦舶泊之夜作歌二首

[原文]

於伎都加是 伊多久布伎勢波 和伎毛故我 奈氣伎能奇里尓 安可麻之母能乎

[訓読]

沖つ風いたく吹きせば我妹子が嘆きの霧に飽かましものを

[仮名]

おきつかぜ いたくふきせば わぎもこが なげきのきりに あかましものを

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 広島 安芸津町 望郷 羈旅

3617

[題詞]

安藝國長門嶋舶泊礒邊作歌五首

[原文]

伊波婆之流 多伎毛登杼呂尓 鳴蝉乃 許恵乎之伎氣婆 京師之於毛保由

[訓読]

石走る瀧もとどろに鳴く蝉の声をし聞けば都し思ほゆ

[仮名]

いはばしる たきもとどろに なくせみの こゑをしきけば みやこしおもほゆ

[注解]

右一首大石蓑麻呂

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 望郷 広島 倉橋島 作者:大石蓑麻呂

3618

[題詞]

安藝國長門嶋舶泊礒邊作歌五首

[原文]

夜麻河<泊>能 伎欲吉可波世尓 安蘇倍杼母 奈良能美夜故波 和須礼可祢都母

[訓読]

山川の清き川瀬に遊べども奈良の都は忘れかねつも

[仮名]

やまがはの きよきかはせに あそべども ならのみやこは わすれかねつも

[注解]

伯→泊 [類][細][温]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 広島 倉橋島 望郷 羈旅 宴席

3619

[題詞]

安藝國長門嶋舶泊礒邊作歌五首

[原文]

伊蘇乃麻由 多藝都山河 多延受安良婆 麻多母安比見牟 秋加多麻氣弖

[訓読]

礒の間ゆたぎつ山川絶えずあらばまたも相見む秋かたまけて

[仮名]

いそのまゆ たぎつやまがは たえずあらば またもあひみむ あきかたまけて

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 広島 倉橋島 望郷 羈旅

3620

[題詞]

安藝國長門嶋舶泊礒邊作歌五首

[原文]

故悲思氣美 奈具左米可祢弖 比具良之能 奈久之麻可氣尓 伊保利須流可母

[訓読]

恋繁み慰めかねてひぐらしの鳴く島蔭に廬りするかも

[仮名]

こひしげみ なぐさめかねて ひぐらしの なくしまかげに いほりするかも

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 広島 倉橋島 望郷 羈旅

3621

[題詞]

安藝國長門嶋舶泊礒邊作歌五首

[原文]

和我伊能知乎 奈我刀能之麻能 小松原 伊久与乎倍弖加 可武佐備和多流

[訓読]

我が命を長門の島の小松原幾代を経てか神さびわたる

[仮名]

わがいのちを ながとのしまの こまつばら いくよをへてか かむさびわたる

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 広島 倉橋島 土地讃美 羈旅

3622

[題詞]

従長門浦舶<出>之夜仰觀月光作歌三首

[原文]

月余美乃 比可里乎伎欲美 由布奈藝尓 加古能己恵欲妣 宇良<未>許具可聞

[訓読]

月読みの光りを清み夕なぎに水手の声呼び浦廻漕ぐかも

[仮名]

つくよみの ひかりをきよみ ゆふなぎに かこのこゑよび うらみこぐかも

[注解]

出 [西(上書訂正)][紀][細] / 末→未 [万葉集古義]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 船出 出発 広島 倉橋島

3623

[題詞]

従長門浦舶<出>之夜仰觀月光作歌三首

[原文]

山乃波尓 月可多夫氣婆 伊射里須流 安麻能等毛之備 於伎尓奈都佐布

[訓読]

山の端に月傾けば漁りする海人の燈火沖になづさふ

[仮名]

やまのはに つきかたぶけば いざりする あまのともしび おきになづさふ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 出発 広島 倉橋島 叙景 船出

3624

[題詞]

従長門浦舶<出>之夜仰觀月光作歌三首

[原文]

和礼乃未夜 欲布祢波許具登 於毛敝礼婆 於伎敝能可多尓 可治能於等須奈里

[訓読]

我れのみや夜船は漕ぐと思へれば沖辺の方に楫の音すなり

[仮名]

われのみや よふねはこぐと おもへれば おきへのかたに かぢのおとすなり

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 広島 倉橋島 出発 羈旅 船出 叙景

3625

[題詞]

古挽歌一首[并短歌]

[原文]

由布左礼婆 安之敝尓佐和伎 安氣久礼婆 於伎尓奈都佐布 可母須良母 都麻等多具比弖 和我尾尓波 之毛奈布里曽等 之<路>多倍乃 波祢左之可倍弖 宇知波良比 左宿等布毛能乎 由久美都能 可敝良奴其等久 布久可是能 美延奴我其登久 安刀毛奈吉 与能比登尓之弖 和可礼尓之 伊毛我伎世弖思 奈礼其呂母 蘇弖加多思吉弖 比登里可母祢牟

[訓読]

夕されば 葦辺に騒き 明け来れば 沖になづさふ 鴨すらも 妻とたぐひて 我が尾には 霜な降りそと 白栲の 羽さし交へて うち掃ひ さ寝とふものを 行く水の 帰らぬごとく 吹く風の 見えぬがごとく 跡もなき 世の人にして 別れにし 妹が着せてし なれ衣 袖片敷きて ひとりかも寝む

[仮名]

ゆふされば あしへにさわき あけくれば おきになづさふ かもすらも つまとたぐひて わがをには しもなふりそと しろたへの はねさしかへて うちはらひ さぬとふものを ゆくみづの かへらぬごとく ふくかぜの みえぬがごとく あともなき よのひとにして わかれにし いもがきせてし なれごろも そでかたしきて ひとりかもねむ

[注解]

歌 [西] 謌 / 露→路 [類][紀]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 挽歌 転用 古歌 作者:丹比大夫 笠麻呂 羈旅 悲別 望郷 広島 倉橋島

3626

[題詞]

(古挽歌一首[并短歌])反歌一首

[原文]

多都我奈伎 安之<敝>乎左之弖 等妣和多類 安奈多頭多頭志 比等里佐奴礼婆

[訓読]

鶴が鳴き葦辺をさして飛び渡るあなたづたづしひとりさ寝れば

[仮名]

たづがなき あしへをさして とびわたる あなたづたづし ひとりさぬれば

[注解]

倍→敝 [紀][細]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 挽歌 転用 古歌 作者:丹比大夫 笠麻呂 羈旅 悲別 望郷 広島 倉橋島

3627

[題詞]

属物發思歌一首[并短歌]

[原文]

安佐散礼婆 伊毛我手尓麻久 可我美奈須 美津能波麻備尓 於保夫祢尓 真可治之自奴伎 可良久尓々 和多理由加武等 多太牟可布 美奴面乎左指天 之保麻知弖 美乎妣伎由氣婆 於伎敝尓波 之良奈美多可美 宇良<未>欲理 許藝弖和多礼婆 和伎毛故尓 安波治乃之麻波 由布左礼婆 久毛為可久里奴 左欲布氣弖 由久敝乎之良尓 安我己許呂 安可志能宇良尓 布祢等米弖 宇伎祢乎詞都追 和多都美能 於<枳>敝乎見礼婆 伊射理須流 安麻能乎等女波 小船乗 都良々尓宇家里 安香等吉能 之保美知久礼婆 安之辨尓波 多豆奈伎和多流 安左奈藝尓 布奈弖乎世牟等 船人毛 鹿子毛許恵欲妣 柔保等里能 奈豆左比由氣婆 伊敝之麻婆 久毛為尓美延奴 安我毛敝流 許己呂奈具也等 波夜久伎弖 美牟等於毛比弖 於保夫祢乎 許藝和我由氣婆 於伎都奈美 多可久多知伎奴 与曽能<未>尓 見都追須疑由伎 多麻能宇良尓 布祢乎等杼米弖 波麻備欲里 宇良伊蘇乎見都追 奈久古奈須 祢能未之奈可由 和多都美能 多麻伎能多麻乎 伊敝都刀尓 伊毛尓也良牟等 比里比登里 素弖尓波伊礼弖 可敝之也流 都可比奈家礼婆 毛弖礼杼毛 之留思乎奈美等 麻多於伎都流可毛

[訓読]

朝されば 妹が手にまく 鏡なす 御津の浜びに 大船に 真楫しじ貫き 韓国に 渡り行かむと 直向ふ 敏馬をさして 潮待ちて 水脈引き行けば 沖辺には 白波高み 浦廻より 漕ぎて渡れば 我妹子に 淡路の島は 夕されば 雲居隠りぬ さ夜更けて ゆくへを知らに 我が心 明石の浦に 船泊めて 浮寝をしつつ わたつみの 沖辺を見れば 漁りする 海人の娘子は 小舟乗り つららに浮けり 暁の 潮満ち来れば 葦辺には 鶴鳴き渡る 朝なぎに 船出をせむと 船人も 水手も声呼び にほ鳥の なづさひ行けば 家島は 雲居に見えぬ 我が思へる 心なぐやと 早く来て 見むと思ひて 大船を 漕ぎ我が行けば 沖つ波 高く立ち来ぬ 外のみに 見つつ過ぎ行き 玉の浦に 船を留めて 浜びより 浦礒を見つつ 泣く子なす 音のみし泣かゆ わたつみの 手巻の玉を 家づとに 妹に遣らむと 拾ひ取り 袖には入れて 帰し遣る 使なければ 持てれども 験をなみと また置きつるかも

[仮名]

あさされば いもがてにまく かがみなす みつのはまびに おほぶねに まかぢしじぬき からくにに わたりゆかむと ただむかふ みぬめをさして しほまちて みをひきゆけば おきへには しらなみたかみ うらみより こぎてわたれば わぎもこに あはぢのしまは ゆふされば くもゐかくりぬ さよふけて ゆくへをしらに あがこころ あかしのうらに ふねとめて うきねをしつつ わたつみの おきへをみれば いざりする あまのをとめは をぶねのり つららにうけり あかときの しほみちくれば あしべには たづなきわたる あさなぎに ふなでをせむと ふなびとも かこもこゑよび にほどりの なづさひゆけば いへしまは くもゐにみえぬ あがもへる こころなぐやと はやくきて みむとおもひて おほぶねを こぎわがゆけば おきつなみ たかくたちきぬ よそのみに みつつすぎゆき たまのうらに ふねをとどめて はまびより うらいそをみつつ なくこなす ねのみしなかゆ わたつみの たまきのたまを いへづとに いもにやらむと ひりひとり そでにはいれて かへしやる つかひなければ もてれども しるしをなみと またおきつるかも

[注解]

歌 [西] 謌 / 末→未 [万葉集古義] / 枳 [西(上書訂正)][紀][細][温] / 末→未 [西(訂正)][細][紀][温]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 地名 道行き 羈旅 大阪 兵庫 岡山 広島 倉橋島 序詞 枕詞 望郷 孤独

3628

[題詞]

(属物發思歌一首[并短歌])反歌二首

[原文]

多麻能宇良能 於伎都之良多麻 比利敝礼杼 麻多曽於伎都流 見流比等乎奈美

[訓読]

玉の浦の沖つ白玉拾へれどまたぞ置きつる見る人をなみ

[仮名]

たまのうらの おきつしらたま ひりへれど またぞおきつる みるひとをなみ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 望郷 地名 岡山 倉敷 広島 倉橋島 孤独

3629

[題詞]

(属物發思歌一首[并短歌])反歌二首

[原文]

安伎左良婆 和<我>布祢波弖牟 和須礼我比 与世伎弖於家礼 於伎都之良奈美

[訓読]

秋さらば我が船泊てむ忘れ貝寄せ来て置けれ沖つ白波

[仮名]

あきさらば わがふねはてむ わすれがひ よせきておけれ おきつしらなみ

[注解]

<>→我 [西(左書)][紀][細][温]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 望郷 広島 倉橋島 孤独

3630

[題詞]

周防國玖河郡麻里布浦行之時作歌八首

[原文]

真可治奴伎 布祢之由加受波 見礼杼安可奴 麻里布能宇良尓 也杼里世麻之乎

[訓読]

真楫貫き船し行かずは見れど飽かぬ麻里布の浦に宿りせましを

[仮名]

まかぢぬき ふねしゆかずは みれどあかぬ まりふのうらに やどりせましを

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 土地讃美 山口 岩国 地名

3631

[題詞]

周防國玖河郡麻里布浦行之時作歌八首

[原文]

伊都之可母 見牟等於毛比師 安波之麻乎 与曽尓也故非無 由久与思<乎>奈美

[訓読]

いつしかも見むと思ひし粟島を外にや恋ひむ行くよしをなみ

[仮名]

いつしかも みむとおもひし あはしまを よそにやこひむ ゆくよしをなみ

[注解]

於→乎 [類][紀]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 地名 山口 岩国 土地讃美 恋情 羈旅

3632

[題詞]

周防國玖河郡麻里布浦行之時作歌八首

[原文]

大船尓 可之布里多弖天 波麻藝欲伎 麻里布能宇良尓 也杼里可世麻之

[訓読]

大船にかし振り立てて浜清き麻里布の浦に宿りかせまし

[仮名]

おほぶねに かしふりたてて はまぎよき まりふのうらに やどりかせまし

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 山口 岩国 地名 土地讃美

3633

[題詞]

周防國玖河郡麻里布浦行之時作歌八首

[原文]

安波思麻能 安波自等於毛布 伊毛尓安礼也 夜須伊毛祢受弖 安我故非和多流

[訓読]

粟島の逢はじと思ふ妹にあれや安寐も寝ずて我が恋ひわたる

[仮名]

あはしまの あはじとおもふ いもにあれや やすいもねずて あがこひわたる

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 地名 岩国 山口 望郷 恋情 羈旅

3634

[題詞]

周防國玖河郡麻里布浦行之時作歌八首

[原文]

筑紫道能 可太能於保之麻 思末志久母 見祢婆古非思吉 伊毛乎於伎弖伎奴

[訓読]

筑紫道の可太の大島しましくも見ねば恋しき妹を置きて来ぬ

[仮名]

つくしぢの かだのおほしま しましくも みねばこひしき いもをおきてきぬ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 地名 岡山 山口 岩国 望郷 恋情

3635

[題詞]

周防國玖河郡麻里布浦行之時作歌八首

[原文]

伊毛我伊敝治 知可久安里世婆 見礼杼安可奴 麻里布能宇良乎 見世麻思毛能乎

[訓読]

妹が家路近くありせば見れど飽かぬ麻里布の浦を見せましものを

[仮名]

いもがいへぢ ちかくありせば みれどあかぬ まりふのうらを みせましものを

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 地名 山口 岩国 望郷 恋情 土地讃美

3636

[題詞]

周防國玖河郡麻里布浦行之時作歌八首

[原文]

伊敝妣等波 可敝里波也許等 伊波比之麻 伊波比麻都良牟 多妣由久和礼乎

[訓読]

家人は帰り早来と伊波比島斎ひ待つらむ旅行く我れを

[仮名]

いへびとは かへりはやこと いはひしま いはひまつらむ たびゆくわれを

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 地名 山口 上関町 望郷 掛詞

3637

[題詞]

周防國玖河郡麻里布浦行之時作歌八首

[原文]

久左麻久良 多妣由久比等乎 伊波比之麻 伊久与布流末弖 伊波比伎尓家牟

[訓読]

草枕旅行く人を伊波比島幾代経るまで斎ひ来にけむ

[仮名]

くさまくら たびゆくひとを いはひしま いくよふるまで いはひきにけむ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 枕詞 羈旅 地名 山口 上関町 土地讃美 掛詞

3638

[題詞]

過大嶋鳴門而經再宿之後追作歌二首

[原文]

巨礼也己能 名尓於布奈流門能 宇頭之保尓 多麻毛可流登布 安麻乎等女杼毛

[訓読]

これやこの名に負ふ鳴門のうづ潮に玉藻刈るとふ海人娘子ども

[仮名]

これやこの なにおふなるとの うづしほに たまもかるとふ あまをとめども

[注解]

右一首田邊秋庭

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 土地讃美 山口 大畠瀬戸 叙景 追想

3639

[題詞]

過大嶋鳴門而經再宿之後追作歌二首

[原文]

奈美能宇倍尓 宇伎祢世之欲比 安杼毛倍香 許己呂我奈之久 伊米尓美要都流

[訓読]

波の上に浮き寝せし宵あど思へか心悲しく夢に見えつる

[仮名]

なみのうへに うきねせしよひ あどもへか こころがなしく いめにみえつる

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 山口 大畠瀬戸 追想 望郷

3640

[題詞]

熊毛浦舶泊之夜作歌四首

[原文]

美夜故邊尓 由可牟船毛我 可里許母能 美太礼弖於毛布 許登都ん夜良牟

[訓読]

都辺に行かむ船もが刈り薦の乱れて思ふ言告げやらむ

[仮名]

みやこへに ゆかむふねもが かりこもの みだれておもふ ことつげやらむ

[注解]

右一首羽栗

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羽栗 枕詞 山口 上関町 望郷 羈旅

3641

[題詞]

熊毛浦舶泊之夜作歌四首

[原文]

安可等伎能 伊敝胡悲之伎尓 宇良<未>欲理 可治乃於等須流波 安麻乎等女可母

[訓読]

暁の家恋しきに浦廻より楫の音するは海人娘子かも

[仮名]

あかときの いへごひしきに うらみより かぢのおとするは あまをとめかも

[注解]

末→未 [万葉集古義]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 山口 上関町 望郷 叙景

3642

[題詞]

熊毛浦舶泊之夜作歌四首

[原文]

於枳敝欲理 之保美知久良之 可良能宇良尓 安佐里須流多豆 奈伎弖佐和伎奴

[訓読]

沖辺より潮満ち来らし可良の浦にあさりする鶴鳴きて騒きぬ

[仮名]

おきへより しほみちくらし からのうらに あさりするたづ なきてさわきぬ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 山口 上関町 叙景

3643S

[題詞]

(熊毛浦舶泊之夜作歌四首)一云

[原文]

多妣能夜杼里乎 伊射都氣夜良奈

[訓読]

旅の宿りをいざ告げ遣らな

[仮名]

たびのやどりを いざつげやらな

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 異伝 羈旅 山口 上関町 望郷

3643

[題詞]

熊毛浦舶泊之夜作歌四首

[原文]

於吉敝欲里 布奈妣等能煩流 与妣与勢弖 伊射都氣也良牟 多婢能也登里乎

[訓読]

沖辺より船人上る呼び寄せていざ告げ遣らむ旅の宿りを

[仮名]

おきへより ふなびとのぼる よびよせて いざつげやらむ たびのやどりを

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 山口 上関町 望郷 異伝

3644

[題詞]

佐婆海中忽遭逆風漲浪漂流經宿而後幸得順風到著豊前國下毛郡分間浦 於是追怛艱難悽惆作八首

[原文]

於保伎美能 美許等可之故美 於保<夫>祢能 由伎能麻尓末<尓> 夜杼里須流可母

[訓読]

大君の命畏み大船の行きのまにまに宿りするかも

[仮名]

おほきみの みことかしこみ おほぶねの ゆきのまにまに やどりするかも

[注解]

右一首雪宅麻呂

[検索用キーワード]

布→夫 [類][紀][細] / <>→尓 [西(右書)][類][紀][細]

3645

[題詞]

佐婆海中忽遭逆風漲浪漂流經宿而後幸得順風到著豊前國下毛郡分間浦 於是追怛艱難悽惆作八首

[原文]

和伎毛故波 伴也母許奴可登 麻都良牟乎 於伎尓也須麻牟 伊敝都可受之弖

[訓読]

我妹子は早も来ぬかと待つらむを沖にや住まむ家つかずして

[仮名]

わぎもこは はやもこぬかと まつらむを おきにやすまむ いへつかずして

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 大分 中津市 望郷 不安

3646

[題詞]

佐婆海中忽遭逆風漲浪漂流經宿而後幸得順風到著豊前國下毛郡分間浦 於是追怛艱難悽惆作八首

[原文]

宇良<未>欲里 許藝許之布祢乎 風波夜美 於伎都美宇良尓 夜杼里須流可毛

[訓読]

浦廻より漕ぎ来し船を風早み沖つみ浦に宿りするかも

[仮名]

うらみより こぎこしふねを かぜはやみ おきつみうらに やどりするかも

[注解]

末→未 [万葉集古義]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 大分 中津市 不安

3647

[題詞]

佐婆海中忽遭逆風漲浪漂流經宿而後幸得順風到著豊前國下毛郡分間浦 於是追怛艱難悽惆作八首

[原文]

和伎毛故我 伊可尓於毛倍可 奴婆多末能 比登欲毛於知受 伊米尓之美由流

[訓読]

我妹子がいかに思へかぬばたまの一夜もおちず夢にし見ゆる

[仮名]

わぎもこが いかにおもへか ぬばたまの ひとよもおちず いめにしみゆる

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 大分 中津市 望郷 枕詞 不安

3648

[題詞]

佐婆海中忽遭逆風漲浪漂流經宿而後幸得順風到著豊前國下毛郡分間浦 於是追怛艱難悽惆作八首

[原文]

宇奈波良能 於伎敝尓等毛之 伊射流火波 安可之弖登母世 夜麻登思麻見無

[訓読]

海原の沖辺に灯し漁る火は明かして灯せ大和島見む

[仮名]

うなはらの おきへにともし いざるひは あかしてともせ やまとしまみむ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 大分 中津市 望郷

3649

[題詞]

佐婆海中忽遭逆風漲浪漂流經宿而後幸得順風到著豊前國下毛郡分間浦 於是追怛艱難悽惆作八首

[原文]

可母自毛能 宇伎祢乎須礼婆 美奈能和多 可具呂伎可美尓 都由曽於伎尓家類

[訓読]

鴨じもの浮寝をすれば蜷の腸か黒き髪に露ぞ置きにける

[仮名]

かもじもの うきねをすれば みなのわた かぐろきかみに つゆぞおきにける

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 大分 中津市 漂泊 不安

3650

[題詞]

佐婆海中忽遭逆風漲浪漂流經宿而後幸得順風到著豊前國下毛郡分間浦 於是追怛艱難悽惆作八首

[原文]

比左可多能 安麻弖流月波 見都礼杼母 安我母布伊毛尓 安波奴許呂可毛

[訓読]

ひさかたの天照る月は見つれども我が思ふ妹に逢はぬころかも

[仮名]

ひさかたの あまてるつきは みつれども あがもふいもに あはぬころかも

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 枕詞 大分 中津市 望郷 恋情

3651

[題詞]

佐婆海中忽遭逆風漲浪漂流經宿而後幸得順風到著豊前國下毛郡分間浦 於是追怛艱難悽惆作八首

[原文]

奴波多麻能 欲和多流月者 波夜毛伊弖奴香文 宇奈波良能 夜蘇之麻能宇倍由 伊毛我安多里見牟 [旋頭歌也]

[訓読]

ぬばたまの夜渡る月は早も出でぬかも海原の八十島の上ゆ妹があたり見む [旋頭歌也]

[仮名]

ぬばたまの よわたるつきは はやもいでぬかも うなはらの やそしまのうへゆ いもがあたりみむ

[注解]

歌 [西] 謌

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 旋頭歌 枕詞 大分 中津市 望郷

3652

[題詞]

至筑紫舘遥望本郷悽愴作歌四首

[原文]

之賀能安麻能 一日毛於知受 也久之保能 可良伎孤悲乎母 安礼波須流香母

[訓読]

志賀の海人の一日もおちず焼く塩のからき恋をも我れはするかも

[仮名]

しかのあまの ひとひもおちず やくしほの からきこひをも あれはするかも

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 地名 福岡 志賀島 恋情 羈旅 序詞 望郷

3653

[題詞]

至筑紫舘遥望本郷悽愴作歌四首

[原文]

思可能宇良尓 伊射里須流安麻 伊敝<妣>等能 麻知古布良牟尓 安可思都流宇乎

[訓読]

志賀の浦に漁りする海人家人の待ち恋ふらむに明かし釣る魚

[仮名]

しかのうらに いざりするあま いへびとの まちこふらむに あかしつるうを

[注解]

比→妣 [類][細]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 地名 福岡 志賀島 叙景 羈旅 望郷

3654S

[題詞]

(至筑紫舘遥望本郷悽愴作歌四首)一云

[原文]

美知之伎奴良思

[訓読]

満ちし来ぬらし

[仮名]

みちしきぬらし

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 異伝 羈旅 福岡 志賀島 叙景

3654

[題詞]

至筑紫舘遥望本郷悽愴作歌四首

[原文]

可之布江尓 多豆奈吉和多流 之可能宇良尓 於枳都之良奈美 多知之久良思母

[訓読]

可之布江に鶴鳴き渡る志賀の浦に沖つ白波立ちし来らしも

[仮名]

かしふえに たづなきわたる しかのうらに おきつしらなみ たちしくらしも

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 地名 福岡 志賀島 叙景 異伝

3655

[題詞]

至筑紫舘遥望本郷悽愴作歌四首

[原文]

伊麻欲理波 安伎豆吉奴良之 安思比奇能 夜麻末都可氣尓 日具良之奈伎奴

[訓読]

今よりは秋づきぬらしあしひきの山松蔭にひぐらし鳴きぬ

[仮名]

いまよりは あきづきぬらし あしひきの やままつかげに ひぐらしなきぬ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 福岡 枕詞 恋情 叙景

3656

[題詞]

七夕仰觀天漢各陳所思作歌三首

[原文]

安伎波疑尓 々保敝流和我母 奴礼奴等母 伎美我美布祢能 都奈之等理弖婆

[訓読]

秋萩ににほへる我が裳濡れぬとも君が御船の綱し取りてば

[仮名]

あきはぎに にほへるわがも ぬれぬとも きみがみふねの つなしとりてば

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 作者:阿倍継麻呂 羈旅 七夕 織女 女歌 宴席 福岡

3657

[題詞]

七夕仰觀天漢各陳所思作歌三首

[原文]

等之尓安里弖 比等欲伊母尓安布 比故保思母 和礼尓麻佐里弖 於毛布良米也母

[訓読]

年にありて一夜妹に逢ふ彦星も我れにまさりて思ふらめやも

[仮名]

としにありて ひとよいもにあふ ひこほしも われにまさりて おもふらめやも

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 七夕 宴席 望郷 恋情 福岡

3658

[題詞]

七夕仰觀天漢各陳所思作歌三首

[原文]

由布豆久欲 可氣多知与里安比 安麻能我波 許具布奈妣等乎 見流我等母之佐

[訓読]

夕月夜影立ち寄り合ひ天の川漕ぐ船人を見るが羨しさ

[仮名]

ゆふづくよ かげたちよりあひ あまのがは こぐふなびとを みるがともしさ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 七夕 宴席 望郷 恋情 福岡

3659

[題詞]

海邊望月作九首

[原文]

安伎可是波 比尓家尓布伎奴 和伎毛故波 伊都登<加>和礼乎 伊波比麻都良牟

[訓読]

秋風は日に異に吹きぬ我妹子はいつとか我れを斎ひ待つらむ

[仮名]

あきかぜは ひにけにふきぬ わぎもこは いつとかわれを いはひまつらむ

[注解]

可→加 [類][紀][細]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 作者:阿倍継麻呂次男 羈旅 望郷 恋情 福岡

3660

[題詞]

海邊望月作九首

[原文]

可牟佐夫流 安良都能左伎尓 与須流奈美 麻奈久也伊毛尓 故非和多里奈牟

[訓読]

神さぶる荒津の崎に寄する波間なくや妹に恋ひわたりなむ

[仮名]

かむさぶる あらつのさきに よするなみ まなくやいもに こひわたりなむ

[注解]

楯→稲 [西(訂正右書)][紀][細]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 地名 福岡 羈旅 望郷 枕詞 作者:土師稲足 恋情

3661S

[題詞]

海邊望月作九首

[原文]

安麻乃乎等賣我 毛能須蘇奴礼<濃>

[訓読]

海人の娘子が裳の裾濡れぬ

[仮名]

あまのをとめが ものすそぬれぬ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 福岡 叙景 異伝

3661

[題詞]

海邊望月作九首

[原文]

可是能牟多 与世久流奈美尓 伊射里須流 安麻乎等女良我 毛能須素奴礼奴

[訓読]

風の共寄せ来る波に漁りする海人娘子らが裳の裾濡れぬ

[仮名]

かぜのむた よせくるなみに いざりする あまをとめらが ものすそぬれぬ

[注解]

奴→濃 [類][紀][細]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 福岡 叙景 羈旅 異伝

3662

[題詞]

海邊望月作九首

[原文]

安麻能波良 布里佐氣見礼婆 欲曽布氣尓家流 与之恵也之 比<等>里奴流欲波 安氣婆安氣奴等母

[訓読]

天の原振り放け見れば夜ぞ更けにけるよしゑやしひとり寝る夜は明けば明けぬとも

[仮名]

あまのはら ふりさけみれば よぞふけにける よしゑやし ひとりぬるよは あけばあけぬとも

[注解]

等 [西(上書訂正)][紀][細][温]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 旋頭歌 孤独 恋情 望郷 福岡

3663

[題詞]

海邊望月作九首

[原文]

和多都美能 於伎都奈波能里 久流等伎登 伊毛我麻都良牟 月者倍尓都追

[訓読]

わたつみの沖つ縄海苔来る時と妹が待つらむ月は経につつ

[仮名]

わたつみの おきつなはのり くるときと いもがまつらむ つきはへにつつ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 植物 羈旅 福岡 望郷 漂泊

3664

[題詞]

海邊望月作九首

[原文]

之可能宇良尓 伊射里須流安麻 安氣久礼婆 宇良未許具良之 可治能於等伎許由

[訓読]

志賀の浦に漁りする海人明け来れば浦廻漕ぐらし楫の音聞こゆ

[仮名]

しかのうらに いざりするあま あけくれば うらみこぐらし かぢのおときこゆ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 地名 志賀島 叙景 福岡

3665

[題詞]

海邊望月作九首

[原文]

伊母乎於毛比 伊能祢良延奴尓 安可等吉能 安左宜理其問理 可里我祢曽奈久

[訓読]

妹を思ひ寐の寝らえぬに暁の朝霧隠り雁がねぞ鳴く

[仮名]

いもをおもひ いのねらえぬに あかときの あさぎりごもり かりがねぞなく

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 望郷 動物 福岡

3666

[題詞]

海邊望月作九首

[原文]

由布佐礼婆 安伎可是左牟思 和伎母故我 等伎安良比其呂母 由伎弖波也伎牟

[訓読]

夕されば秋風寒し我妹子が解き洗ひ衣行きて早着む

[仮名]

ゆふされば あきかぜさむし わぎもこが ときあらひごろも ゆきてはやきむ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 福岡 望郷 漂泊

3667

[題詞]

海邊望月作九首

[原文]

和我多妣波 比左思久安良思 許能安我家流 伊毛我許呂母能 阿可都久見礼婆

[訓読]

我が旅は久しくあらしこの我が着る妹が衣の垢つく見れば

[仮名]

わがたびは ひさしくあらし このあがける いもがころもの あかつくみれば

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 福岡 望郷 漂泊

3668

[題詞]

到筑前國志麻郡之韓亭舶泊經三日於時夜月之光皎々流照奄對此<華>旅情悽噎各陳心緒聊以裁歌六首

[原文]

於保伎美能 等保能美可度登 於毛敝礼杼 氣奈我久之安礼婆 古非尓家流可母

[訓読]

大君の遠の朝廷と思へれど日長くしあれば恋ひにけるかも

[仮名]

おほきみの とほのみかどと おもへれど けながくしあれば こひにけるかも

[注解]

花([西(訂正左書)]美→華 [紀][細]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 作者:阿倍継麻呂 羈旅 恋情 望郷 福岡 韓亭

3669

[題詞]

到筑前國志麻郡之韓亭舶泊經三日於時夜月之光皎々流照奄對此<華>旅情悽噎各陳心緒聊以裁歌六首

[原文]

多妣尓安礼杼 欲流波火等毛之 乎流和礼乎 也未尓也伊毛我 古非都追安流良牟

[訓読]

旅にあれど夜は火灯し居る我れを闇にや妹が恋ひつつあるらむ

[仮名]

たびにあれど よるはひともし をるわれを やみにやいもが こひつつあるらむ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 作者:壬生宇太麻呂 羈旅 望郷 恋情 福岡 韓亭

3670

[題詞]

(到筑前國志麻郡之韓亭舶泊經三日於時夜月之光皎々流照奄對此<華>旅情悽噎各陳心緒聊以裁歌六首)

[原文]

可良等麻里 能<許>乃宇良奈美 多々奴日者 安礼杼母伊敝尓 古非奴日者奈之

[訓読]

韓亭能許の浦波立たぬ日はあれども家に恋ひぬ日はなし

[仮名]

からとまり のこのうらなみ たたぬひは あれどもいへに こひぬひはなし

[注解]

許 [西(上書訂正)][類][紀][細]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 福岡 韓亭 地名 能許島 恋情 望郷 羈旅

3671

[題詞]

到筑前國志麻郡之韓亭舶泊經三日於時夜月之光皎々流照奄對此<華>旅情悽噎各陳心緒聊以裁歌六首

[原文]

奴婆多麻乃 欲和多流月尓 安良麻世婆 伊敝奈流伊毛尓 安比弖許麻之乎

[訓読]

ぬばたまの夜渡る月にあらませば家なる妹に逢ひて来ましを

[仮名]

ぬばたまの よわたるつきに あらませば いへなるいもに あひてこましを

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 福岡 韓亭 羈旅 望郷 枕詞

3672

[題詞]

到筑前國志麻郡之韓亭舶泊經三日於時夜月之光皎々流照奄對此<華>旅情悽噎各陳心緒聊以裁歌六首

[原文]

比左可多能 月者弖利多里 伊刀麻奈久 安麻能伊射里波 等毛之安敝里見由

[訓読]

ひさかたの月は照りたり暇なく海人の漁りは灯し合へり見ゆ

[仮名]

ひさかたの つきはてりたり いとまなく あまのいざりは ともしあへりみゆ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 枕詞 羈旅 福岡 韓亭 叙景

3673

[題詞]

到筑前國志麻郡之韓亭舶泊經三日於時夜月之光皎々流照奄對此<華>旅情悽噎各陳心緒聊以裁歌六首

[原文]

可是布氣婆 於吉都思良奈美 可之故美等 能許能等麻里尓 安麻多欲曽奴流

[訓読]

風吹けば沖つ白波畏みと能許の亭にあまた夜ぞ寝る

[仮名]

かぜふけば おきつしらなみ かしこみと のこのとまりに あまたよぞぬる

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 福岡 韓亭 地名 能許島 漂泊 波待ち

3674

[題詞]

引津亭舶泊之作歌七首

[原文]

久左麻久良 多婢乎久流之美 故非乎礼婆 可也能山邊尓 草乎思香奈久毛

[訓読]

草枕旅を苦しみ恋ひ居れば可也の山辺にさを鹿鳴くも

[仮名]

くさまくら たびをくるしみ こひをれば かやのやまへに さをしかなくも

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 地名 福岡 可也山 引津亭 動物 望郷 漂泊 作者:壬生宇太麻呂

3675

[題詞]

引津亭舶泊之作歌七首

[原文]

於吉都奈美 多可久多都日尓 安敝利伎等 美夜古能比等波 伎吉弖家牟可母

[訓読]

沖つ波高く立つ日にあへりきと都の人は聞きてけむかも

[仮名]

おきつなみ たかくたつひに あへりきと みやこのひとは ききてけむかも

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 作者:壬生宇太麻呂 羈旅 望郷 福岡 可也山 引津亭

3676

[題詞]

引津亭舶泊之作歌七首

[原文]

安麻等夫也 可里乎都可比尓 衣弖之可母 奈良能弥夜故尓 許登都ん夜良武

[訓読]

天飛ぶや雁を使に得てしかも奈良の都に言告げ遣らむ

[仮名]

あまとぶや かりをつかひに えてしかも ならのみやこに ことつげやらむ

[注解]

ん [類] 氣

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 動物 望郷 枕詞 福岡 引津亭

3677

[題詞]

引津亭舶泊之作歌七首

[原文]

秋野乎 尓保波須波疑波 佐家礼杼母 見流之留思奈之 多婢尓師安礼婆

[訓読]

秋の野をにほはす萩は咲けれども見る験なし旅にしあれば

[仮名]

あきののを にほはすはぎは さけれども みるしるしなし たびにしあれば

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 植物 漂泊 旅情 望郷 福岡 引津亭

3678

[題詞]

引津亭舶泊之作歌七首

[原文]

伊毛乎於毛比 伊能祢良延奴尓 安伎乃野尓 草乎思香奈伎都 追麻於毛比可祢弖

[訓読]

妹を思ひ寐の寝らえぬに秋の野にさを鹿鳴きつ妻思ひかねて

[仮名]

いもをおもひ いのねらえぬに あきののに さをしかなきつ つまおもひかねて

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 動物 望郷 羈旅 福岡 引津亭

3679

[題詞]

引津亭舶泊之作歌七首

[原文]

於保夫祢尓 真可治之自奴伎 等吉麻都等 和礼波於毛倍杼 月曽倍尓家流

[訓読]

大船に真楫しじ貫き時待つと我れは思へど月ぞ経にける

[仮名]

おほぶねに まかぢしじぬき ときまつと われはおもへど つきぞへにける

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 福岡 引津亭

3680

[題詞]

引津亭舶泊之作歌七首

[原文]

欲乎奈我美 伊能年良延奴尓 安之比奇能 山妣故等余米 佐乎思賀奈君母

[訓読]

夜を長み寐の寝らえぬにあしひきの山彦響めさを鹿鳴くも

[仮名]

よをながみ いのねらえぬに あしひきの やまびことよめ さをしかなくも

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 福岡 引津亭 羈旅 動物 枕詞 望郷

3681

[題詞]

肥前國松浦郡狛嶋亭舶泊之夜遥望海浪各慟旅心作歌七首

[原文]

可敝里伎弖 見牟等於毛比之 和我夜度能 安伎波疑須々伎 知里尓家武可聞

[訓読]

帰り来て見むと思ひし我が宿の秋萩すすき散りにけむかも

[仮名]

かへりきて みむとおもひし わがやどの あきはぎすすき ちりにけむかも

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 佐賀県 唐津市 神集島 植物 望郷 作者:秦田麻呂

3682

[題詞]

肥前國松浦郡狛嶋亭舶泊之夜遥望海浪各慟旅心作歌七首

[原文]

安米都知能 可未乎許比都々 安礼麻多武 波夜伎万世伎美 麻多婆久流思母

[訓読]

天地の神を祈ひつつ我れ待たむ早来ませ君待たば苦しも

[仮名]

あめつちの かみをこひつつ あれまたむ はやきませきみ またばくるしも

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 佐賀県 唐津市 神集島 遊行女婦 宴席 女歌 作者:娘子

3683

[題詞]

肥前國松浦郡狛嶋亭舶泊之夜遥望海浪各慟旅心作歌七首

[原文]

伎美乎於毛比 安我古非万久波 安良多麻乃 多都追奇其等尓 与久流日毛安良自

[訓読]

君を思ひ我が恋ひまくはあらたまの立つ月ごとに避くる日もあらじ

[仮名]

きみをおもひ あがこひまくは あらたまの たつつきごとに よくるひもあらじ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 佐賀県 唐津市 神集島 女歌 恋情

3684

[題詞]

肥前國松浦郡狛嶋亭舶泊之夜遥望海浪各慟旅心作歌七首

[原文]

秋夜乎 奈我美尓可安良武 奈曽許々波 伊能祢良要奴毛 比等里奴礼婆可

[訓読]

秋の夜を長みにかあらむなぞここば寐の寝らえぬもひとり寝ればか

[仮名]

あきのよを ながみにかあらむ なぞここば いのねらえぬも ひとりぬればか

[注解]

々 [類][細] 己

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 佐賀県 唐津市 神集島 孤独 恋情

3685

[題詞]

肥前國松浦郡狛嶋亭舶泊之夜遥望海浪各慟旅心作歌七首

[原文]

多良思比賣 御舶波弖家牟 松浦乃宇美 伊母我麻都<倍>伎 月者倍尓都々

[訓読]

足日女御船泊てけむ松浦の海妹が待つべき月は経につつ

[仮名]

たらしひめ みふねはてけむ まつらのうみ いもがまつべき つきはへにつつ

[注解]

敝→倍 [類]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 佐賀県 唐津市 神集島 伝説 神功皇后 望郷 地名

3686

[題詞]

肥前國松浦郡狛嶋亭舶泊之夜遥望海浪各慟旅心作歌七首

[原文]

多婢奈礼婆 於毛比多要弖毛 安里都礼杼 伊敝尓安流伊毛之 於母比我奈思母

[訓読]

旅なれば思ひ絶えてもありつれど家にある妹し思ひ悲しも

[仮名]

たびなれば おもひたえても ありつれど いへにあるいもし おもひがなしも

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 佐賀県 唐津市 神集島 望郷

3687

[題詞]

肥前國松浦郡狛嶋亭舶泊之夜遥望海浪各慟旅心作歌七首

[原文]

安思必奇能 山等妣古<由>留 可里我祢波 美也故尓由加波 伊毛尓安比弖許祢

[訓読]

あしひきの山飛び越ゆる鴈がねは都に行かば妹に逢ひて来ね

[仮名]

あしひきの やまとびこゆる かりがねは みやこにゆかば いもにあひてこね

[注解]

田→由 [類][紀][細]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 佐賀県 唐津市 神集島 枕詞 動物 望郷

3688

[題詞]

到壹岐嶋雪連宅満忽遇鬼病死去之時作歌一首[并短歌]

[原文]

須賣呂伎能 等保能朝庭等 可良國尓 和多流和我世波 伊敝妣等能 伊波比麻多祢可 多太<未>可母 安夜麻知之家牟 安吉佐良婆 可敝里麻左牟等 多良知祢能 波々尓麻乎之弖 等伎毛須疑 都奇母倍奴礼婆 今日可許牟 明日可蒙許武登 伊敝<妣>等波 麻知故布良牟尓 等保能久尓 伊麻太毛都可受 也麻等乎毛 登保久左可里弖 伊波我祢乃 安良伎之麻祢尓 夜杼理須流君

[訓読]

天皇の 遠の朝廷と 韓国に 渡る我が背は 家人の 斎ひ待たねか 正身かも 過ちしけむ 秋去らば 帰りまさむと たらちねの 母に申して 時も過ぎ 月も経ぬれば 今日か来む 明日かも来むと 家人は 待ち恋ふらむに 遠の国 いまだも着かず 大和をも 遠く離りて 岩が根の 荒き島根に 宿りする君

[仮名]

すめろきの とほのみかどと からくにに わたるわがせは いへびとの いはひまたねか ただみかも あやまちしけむ あきさらば かへりまさむと たらちねの ははにまをして ときもすぎ つきもへぬれば けふかこむ あすかもこむと いへびとは まちこふらむに とほのくに いまだもつかず やまとをも とほくさかりて いはがねの あらきしまねに やどりするきみ

[注解]

短歌 [西] 短謌 / 末→未 [万葉集略解] / 乎 [古][細] 于 / 比→妣 [類][古]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 壱岐 挽歌 雪宅麻呂 枕詞 行路死人 長崎

3689

[題詞]

(到壹岐嶋雪連宅満忽遇鬼病死去之時作歌一首[并短歌])反歌二首

[原文]

伊波多野尓 夜杼里須流伎美 伊敝妣等乃 伊豆良等和礼乎 等<波婆>伊可尓伊波牟

[訓読]

岩田野に宿りする君家人のいづらと我れを問はばいかに言はむ

[仮名]

いはたのに やどりするきみ いへびとの いづらとわれを とはばいかにいはむ

[注解]

婆波→波婆 [代匠記初稿本]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 挽歌 羈旅 壱岐 雪宅麻呂 地名 行路死人 長崎

3690

[題詞]

((到壹岐嶋雪連宅満忽遇鬼病死去之時作歌一首[并短歌])反歌二首)

[原文]

与能奈可波 都祢可久能未等 和可礼奴流 君尓也毛登奈 安我孤悲由加牟

[訓読]

世間は常かくのみと別れぬる君にやもとな我が恋ひ行かむ

[仮名]

よのなかは つねかくのみと わかれぬる きみにやもとな あがこひゆかむ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 挽歌 羈旅 壱岐 雪宅麻呂 恋情 長崎

3691

[題詞]

[原文]

天地等 登毛尓母我毛等 於毛比都々 安里家牟毛能乎 波之家也思 伊敝乎波奈礼弖 奈美能宇倍由 奈豆佐比伎尓弖 安良多麻能 月日毛伎倍奴 可里我祢母 都藝弖伎奈氣婆 多良知祢能 波々母都末良母 安<佐>都由尓 毛能須蘇比都知 由布疑里尓 己呂毛弖奴礼弖 左伎久之毛 安流良牟其登久 伊R見都追 麻都良牟母能乎 世間能 比登<乃>奈氣伎<波> 安比於毛波奴 君尓安礼也母 安伎波疑能 知良敝流野邊乃 波都乎花 可里保尓布<伎>弖 久毛婆奈礼 等保伎久尓敝能 都由之毛能 佐武伎山邊尓 夜杼里世流良牟

[訓読]

天地と ともにもがもと 思ひつつ ありけむものを はしけやし 家を離れて 波の上ゆ なづさひ来にて あらたまの 月日も来経ぬ 雁がねも 継ぎて来鳴けば たらちねの 母も妻らも 朝露に 裳の裾ひづち 夕霧に 衣手濡れて 幸くしも あるらむごとく 出で見つつ 待つらむものを 世間の 人の嘆きは 相思はぬ 君にあれやも 秋萩の 散らへる野辺の 初尾花 仮廬に葺きて 雲離れ 遠き国辺の 露霜の 寒き山辺に 宿りせるらむ

[仮名]

あめつちと ともにもがもと おもひつつ ありけむものを はしけやし いへをはなれて なみのうへゆ なづさひきにて あらたまの つきひもきへぬ かりがねも つぎてきなけば たらちねの ははもつまらも あさつゆに ものすそひづち ゆふぎりに ころもでぬれて さきくしも あるらむごとく いでみつつ まつらむものを よのなかの ひとのなげきは あひおもはぬ きみにあれやも あきはぎの ちらへるのへの はつをばな かりほにふきて くもばなれ とほきくにへの つゆしもの さむきやまへに やどりせるらむ

[注解]

左→佐 [類][紀] / 能→乃 [類][紀][細] / 婆→波 [類][紀] / 疑→伎 [類][古][紀]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 挽歌 雪宅麻呂 作者:葛井子老 枕詞 哀悼 壱岐 長崎

3692

[題詞]

反歌二首

[原文]

波之家也思 都麻毛古杼毛母 多可多加尓 麻都良牟伎美也 之麻我久礼奴流

[訓読]

はしけやし妻も子どもも高々に待つらむ君や島隠れぬる

[仮名]

はしけやし つまもこどもも たかたかに まつらむきみや しまがくれぬる

[注解]

之 (塙) 々

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 挽歌 雪宅麻呂 作者:葛井子老 哀悼 壱岐 長崎

3693

[題詞]

反歌二首

[原文]

毛美知葉能 知里奈牟山尓 夜杼里奴流 君乎麻都良牟 比等之可奈之母

[訓読]

黄葉の散りなむ山に宿りぬる君を待つらむ人し悲しも

[仮名]

もみちばの ちりなむやまに やどりぬる きみをまつらむ ひとしかなしも

[注解]

之 [類][細] 思

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 挽歌 雪宅麻呂 作者:葛井子老 枕詞 哀悼 壱岐 長崎

3694

[題詞]

[原文]

和多都美能 <可>之故伎美知乎 也須家口母 奈久奈夜美伎弖 伊麻太尓母 毛奈久由可牟登 由吉能安末能 保都手乃宇良敝乎 可多夜伎弖 由加武<等>須流尓 伊米能其等 美知能蘇良治尓 和可礼須流伎美

[訓読]

わたつみの 畏き道を 安けくも なく悩み来て 今だにも 喪なく行かむと 壱岐の海人の ほつての占部を 肩焼きて 行かむとするに 夢のごと 道の空路に 別れする君

[仮名]

わたつみの かしこきみちを やすけくも なくなやみきて いまだにも もなくゆかむと ゆきのあまの ほつてのうらへを かたやきて ゆかむとするに いめのごと みちのそらぢに わかれするきみ

[注解]

下→可 [類][古][紀] / 土→等 [岩波大系](塙)(楓)

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 挽歌 作者:六人部鯖麻呂 哀悼 雪宅麻呂 地名 壱岐 長崎

3695

[題詞]

反歌二首

[原文]

牟可之欲里 伊比<祁>流許等乃 可良久尓能 可良久毛己許尓 和可礼須留可聞

[訓読]

昔より言ひけることの韓国のからくもここに別れするかも

[仮名]

むかしより いひけることの からくにの からくもここに わかれするかも

[注解]

都→祁 [類][紀]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 挽歌 作者:六人部鯖麻呂 哀悼 雪宅麻呂 地名 序詞 壱岐 長崎

3696

[題詞]

反歌二首

[原文]

新羅奇敝可 伊敝尓可加反流 由吉能之麻 由加牟多登伎毛 於毛比可祢都母

[訓読]

新羅へか家にか帰る壱岐の島行かむたどきも思ひかねつも

[仮名]

しらきへか いへにかかへる ゆきのしま ゆかむたどきも おもひかねつも

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 挽歌 作者:六人部鯖麻呂 哀悼 雪宅麻呂 地名 壱岐 長崎

3697

[題詞]

到對馬嶋淺茅浦舶泊之時不得順風經停五箇日於是瞻望物華各陳慟心作歌三首

[原文]

毛母布祢乃 波都流對馬能 安佐治山 志具礼能安米尓 毛美多比尓家里

[訓読]

百船の泊つる対馬の浅茅山しぐれの雨にもみたひにけり

[仮名]

ももふねの はつるつしまの あさぢやま しぐれのあめに もみたひにけり

[注解]

歌 [西] 謌

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 長崎 対馬 叙景 羈旅 地名

3698

[題詞]

到對馬嶋淺茅浦舶泊之時不得順風經停五箇日於是瞻望物華各陳慟心作歌三首

[原文]

安麻射可流 比奈尓毛月波 弖礼々杼母 伊毛曽等保久波 和可礼伎尓家流

[訓読]

天離る鄙にも月は照れれども妹ぞ遠くは別れ来にける

[仮名]

あまざかる ひなにもつきは てれれども いもぞとほくは わかれきにける

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 長崎 対馬 望郷 枕詞

3699

[題詞]

到對馬嶋淺茅浦舶泊之時不得順風經停五箇日於是瞻望物華各陳慟心作歌三首

[原文]

安伎左礼婆 於久都由之毛尓 安倍受之弖 京師乃山波 伊呂豆伎奴良牟

[訓読]

秋去れば置く露霜にあへずして都の山は色づきぬらむ

[仮名]

あきされば おくつゆしもに あへずして みやこのやまは いろづきぬらむ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 長崎 対馬 望郷

3700

[題詞]

竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首

[原文]

安之比奇能 山下比可流 毛美知葉能 知里能麻河比波 計布仁聞安流香母

[訓読]

あしひきの山下光る黄葉の散りの乱ひは今日にもあるかも

[仮名]

あしひきの やましたひかる もみちばの ちりのまがひは けふにもあるかも

[注解]

]<>→各 [類][細] / 流 [類][細](塙) 留

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 長崎 対馬 叙景 作者:阿倍継麻呂

3701

[題詞]

竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首

[原文]

多可之伎能 母美知乎見礼婆 和藝毛故我 麻多牟等伊比之 等伎曽伎尓家流

[訓読]

竹敷の黄葉を見れば我妹子が待たむと言ひし時ぞ来にける

[仮名]

たかしきの もみちをみれば わぎもこが またむといひし ときぞきにける

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 長崎 対馬 地名 望郷 作者:大伴三中

3702

[題詞]

竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首

[原文]

多可思吉能 宇良<未>能毛美知 <和>礼由伎弖 可敝里久流末R 知里許須奈由米

[訓読]

竹敷の浦廻の黄葉我れ行きて帰り来るまで散りこすなゆめ

[仮名]

たかしきの うらみのもみち われゆきて かへりくるまで ちりこすなゆめ

[注解]

末→未 [万葉集古義] / <>→和 [西(左書)][類][紀][細]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 長崎 対馬 地名 叙景 作者:壬生宇太麻呂

3703

[題詞]

竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首

[原文]

多可思吉能 宇敝可多山者 久礼奈為能 也之保能伊呂尓 奈里尓家流香聞

[訓読]

竹敷の宇敝可多山は紅の八しほの色になりにけるかも

[仮名]

たかしきの うへかたやまは くれなゐの やしほのいろに なりにけるかも

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 長崎 対馬 地名 叙景 作者:大蔵麻呂

3704

[題詞]

竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首

[原文]

毛美知婆能 知良布山邊由 許具布祢能 尓保比尓米R弖 伊R弖伎尓家里

[訓読]

黄葉の散らふ山辺ゆ漕ぐ船のにほひにめでて出でて来にけり

[仮名]

もみちばの ちらふやまへゆ こぐふねの にほひにめでて いでてきにけり

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 長崎 対馬 遊行女婦 作者:玉槻 女歌

3705

[題詞]

竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首

[原文]

多可思吉能 多麻毛奈<婢>可之 己<藝>R奈牟 君我美布祢乎 伊都等可麻多牟

[訓読]

竹敷の玉藻靡かし漕ぎ出なむ君がみ船をいつとか待たむ

[仮名]

たかしきの たまもなびかし こぎでなむ きみがみふねを いつとかまたむ

[注解]

比→婢 [類][紀][細] / 伎→藝 [類][紀][

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 長崎 対馬 地名 遊行女婦 作者:玉槻 女歌

3706

[題詞]

竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首

[原文]

多麻之家流 伎欲吉奈藝佐乎 之保美弖婆 安可受和礼由久 可反流左尓見牟

[訓読]

玉敷ける清き渚を潮満てば飽かず我れ行く帰るさに見む

[仮名]

たましける きよきなぎさを しほみてば あかずわれゆく かへるさにみむ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 土地讃美 長崎 対馬 作者:阿倍継麻呂

3707

[題詞]

竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首

[原文]

安伎也麻能 毛美知乎可射之 和我乎礼婆 宇良之保美知久 伊麻太安可奈久尓

[訓読]

秋山の黄葉をかざし我が居れば浦潮満ち来いまだ飽かなくに

[仮名]

あきやまの もみちをかざし わがをれば うらしほみちく いまだあかなくに

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 土地讃美 長崎 対馬 作者:壬生宇太麻呂

3708

[題詞]

竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首

[原文]

毛能毛布等 比等尓波美要<緇> 之多婢毛能 思多由故布流尓 都<奇>曽倍尓家流

[訓読]

物思ふと人には見えじ下紐の下ゆ恋ふるに月ぞ経にける

[仮名]

ものもふと ひとにはみえじ したびもの したゆこふるに つきぞへにける

[注解]

ア→緇 [紀][温] / 哥→奇 [西(訂正)][類][紀][細]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 望郷 長崎 対馬 作者:阿倍継麻呂

3709

[題詞]

竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首

[原文]

伊敝豆刀尓 可比乎比里布等 於伎敝欲里 与世久流奈美尓 許呂毛弖奴礼奴

[訓読]

家づとに貝を拾ふと沖辺より寄せ来る波に衣手濡れぬ

[仮名]

いへづとに かひをひりふと おきへより よせくるなみに ころもでぬれぬ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 長崎 対馬 望郷 みやげ

3710

[題詞]

竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首

[原文]

之保非奈<婆> 麻多母和礼許牟 伊射遊賀武 於伎都志保佐為 多可久多知伎奴

[訓読]

潮干なばまたも我れ来むいざ行かむ沖つ潮騒高く立ち来ぬ

[仮名]

しほひなば またもわれこむ いざゆかむ おきつしほさゐ たかくたちきぬ

[注解]

波→婆 [類]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 対馬 長崎

3711

[題詞]

竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首

[原文]

和我袖波 多毛登等保里弖 奴礼奴等母 故非和須礼我比 等良受波由可自

[訓読]

我が袖は手本通りて濡れぬとも恋忘れ貝取らずは行かじ

[仮名]

わがそでは たもととほりて ぬれぬとも こひわすれがひ とらずはゆかじ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 対馬 長崎 望郷

3712

[題詞]

竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首

[原文]

奴<婆>多麻能 伊毛我保須倍久 安良奈久尓 和我許呂母弖乎 奴礼弖伊可尓勢牟

[訓読]

ぬばたまの妹が干すべくあらなくに我が衣手を濡れていかにせむ

[仮名]

ぬばたまの いもがほすべく あらなくに わがころもでを ぬれていかにせむ

[注解]

波→婆 [類][古]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 枕詞 羈旅 対馬 長崎 望郷

3713

[題詞]

竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首

[原文]

毛美知婆波 伊麻波宇都呂布 和伎毛故我 麻多牟等伊比之 等伎能倍由氣婆

[訓読]

黄葉は今はうつろふ我妹子が待たむと言ひし時の経ゆけば

[仮名]

もみちばは いまはうつろふ わぎもこが またむといひし ときのへゆけば

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 望郷 対馬 長崎

3714

[題詞]

竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首

[原文]

安<伎>佐礼婆 故非之美伊母乎 伊米尓太尓 比左之久見牟乎 安氣尓家流香聞

[訓読]

秋されば恋しみ妹を夢にだに久しく見むを明けにけるかも

[仮名]

あきされば こひしみいもを いめにだに ひさしくみむを あけにけるかも

[注解]

藝→伎 [紀][細]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 恋情 羈旅 望郷 対馬 長崎

3715

[題詞]

竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首

[原文]

比等里能未 伎奴流許呂毛能 比毛等加婆 多礼可毛由波牟 伊敝杼保久之弖

[訓読]

ひとりのみ着寝る衣の紐解かば誰れかも結はむ家遠くして

[仮名]

ひとりのみ きぬるころもの ひもとかば たれかもゆはむ いへどほくして

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 望郷 恋情 孤独 対馬 長崎

3716

[題詞]

竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首

[原文]

安麻久毛能 多由多比久礼婆 九月能 毛未知能山毛 宇都呂比尓家里

[訓読]

天雲のたゆたひ来れば九月の黄葉の山もうつろひにけり

[仮名]

あまくもの たゆたひくれば ながつきの もみちのやまも うつろひにけり

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 叙景 羈旅 対馬 長崎

3717

[題詞]

竹敷浦舶泊之時<各>陳心緒作歌十八首

[原文]

多婢尓弖<毛> <母>奈久波也許<登> 和伎毛故我 牟須妣思比毛波 奈礼尓家流香聞

[訓読]

旅にても喪なく早来と我妹子が結びし紐はなれにけるかも

[仮名]

たびにても もなくはやこと わぎもこが むすびしひもは なれにけるかも

[注解]

母→毛 [類] / 毛→母 [類] / 等→登 [類][古][紀]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 望郷 対馬 長崎

3718

[題詞]

廻来筑紫海路入京到播磨國家嶋之時作歌五首

[原文]

伊敝之麻波 奈尓許曽安里家礼 宇奈波良乎 安我古非伎都流 伊毛母安良奈久尓

[訓読]

家島は名にこそありけれ海原を我が恋ひ来つる妹もあらなくに

[仮名]

いへしまは なにこそありけれ うなはらを あがこひきつる いももあらなくに

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 地名 姫路 兵庫 羈旅 孤独 望郷 帰途

3719

[題詞]

廻来筑紫海路入京到播磨國家嶋之時作歌五首

[原文]

久左麻久良 多婢尓比左之久 安良米也等 伊毛尓伊比之乎 等之能倍奴良久

[訓読]

草枕旅に久しくあらめやと妹に言ひしを年の経ぬらく

[仮名]

くさまくら たびにひさしく あらめやと いもにいひしを としのへぬらく

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 枕詞 羈旅 望郷 帰途 姫路 兵庫

3720

[題詞]

廻来筑紫海路入京到播磨國家嶋之時作歌五首

[原文]

和伎毛故乎 由伎弖波也美武 安波治之麻 久毛為尓見延奴 伊敝都久良之母

[訓読]

我妹子を行きて早見む淡路島雲居に見えぬ家つくらしも

[仮名]

わぎもこを ゆきてはやみむ あはぢしま くもゐにみえぬ いへづくらしも

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 地名 淡路 兵庫 姫路 望郷 帰途 羈旅

3721

[題詞]

廻来筑紫海路入京到播磨國家嶋之時作歌五首

[原文]

奴婆多麻能 欲安可之母布<祢>波 許藝由可奈 美都能波麻末都 麻知故非奴良武

[訓読]

ぬばたまの夜明かしも船は漕ぎ行かな御津の浜松待ち恋ひぬらむ

[仮名]

ぬばたまの よあかしもふねは こぎゆかな みつのはままつ まちこひぬらむ

[注解]

弥→祢 [類][紀][細]

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 枕詞 地名 大阪 難波 兵庫 姫路 帰途

3722

[題詞]

廻来筑紫海路入京到播磨國家嶋之時作歌五首

[原文]

大伴乃 美津能等麻里尓 布祢波弖々 多都多能山乎 伊都可故延伊加武

[訓読]

大伴の御津の泊りに船泊てて龍田の山をいつか越え行かむ

[仮名]

おほともの みつのとまりに ふねはてて たつたのやまを いつかこえいかむ

[検索用キーワード]

遣新羅使 天平8年 年紀 羈旅 地名 兵庫 姫路 大阪 難波 奈良 帰途

3723

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

安之比奇能 夜麻治古延牟等 須流君乎 許々呂尓毛知弖 夜須家久母奈之

[訓読]

あしひきの山道越えむとする君を心に持ちて安けくもなし

[仮名]

あしひきの やまぢこえむと するきみを こころにもちて やすけくもなし

[注解]

弟 [細] 茅

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 贈答 枕詞 悲別 恋情 女歌 中臣宅守

3724

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

君我由久 道乃奈我弖乎 久里多々祢 也伎保呂煩散牟 安米能火毛我母

[訓読]

君が行く道の長手を繰り畳ね焼き滅ぼさむ天の火もがも

[仮名]

きみがゆく みちのながてを くりたたね やきほろぼさむ あめのひもがも

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 贈答 悲別 恋情 女歌 中臣宅守

3725

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

和我世故之 氣太之麻可良<婆> 思漏多倍乃 蘇R乎布良左祢 見都追志努波牟

[訓読]

我が背子しけだし罷らば白栲の袖を振らさね見つつ偲はむ

[仮名]

わがせこし けだしまからば しろたへの そでをふらさね みつつしのはむ

[注解]

波→婆 [類][紀][細]

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 贈答 悲別 恋情 女歌 中臣宅守

3726

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

己能許呂波 古非都追母安良牟 多麻久之氣 安氣弖乎知欲利 須辨奈可流倍思

[訓読]

このころは恋ひつつもあらむ玉櫛笥明けてをちよりすべなかるべし

[仮名]

このころは こひつつもあらむ たまくしげ あけてをちより すべなかるべし

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 贈答 枕詞 悲別 恋情 女歌 中臣宅守

3727

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

知里比治能 可受尓母安良奴 和礼由恵尓 於毛比和夫良牟 伊母我可奈思佐

[訓読]

塵泥の数にもあらぬ我れゆゑに思ひわぶらむ妹がかなしさ

[仮名]

ちりひぢの かずにもあらぬ われゆゑに おもひわぶらむ いもがかなしさ

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 悲別 恋情 羈旅 配流 狭野弟上娘子

3728

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

安乎尓与之 奈良能於保知波 由<吉>余家杼 許能山道波 由伎安之可里家利

[訓読]

あをによし奈良の大道は行きよけどこの山道は行き悪しかりけり

[仮名]

あをによし ならのおほぢは ゆきよけど このやまみちは ゆきあしかりけり

[注解]

伎→吉 [天][類][紀][細]

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 羈旅 贈答 配流 狭野弟上娘子

3729

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

宇流波之等 安我毛布伊毛乎 於毛比都追 由氣婆可母等奈 由伎安思可流良武

[訓読]

愛しと我が思ふ妹を思ひつつ行けばかもとな行き悪しかるらむ

[仮名]

うるはしと あがもふいもを おもひつつ ゆけばかもとな ゆきあしかるらむ

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 羈旅 贈答 配流 恋情 悲別 狭野弟上娘子

3730

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

加思故美等 能良受安里思乎 美故之治能 多武氣尓多知弖 伊毛我名能里都

[訓読]

畏みと告らずありしをみ越道の手向けに立ちて妹が名告りつ

[仮名]

かしこみと のらずありしを みこしぢの たむけにたちて いもがなのりつ

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 配流 恋情 羈旅 手向け 悲別 狭野弟上娘子

3731

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

於毛布恵尓 安布毛能奈良婆 之末思久毛 伊母我目可礼弖 安礼乎良米也母

[訓読]

思ふゑに逢ふものならばしましくも妹が目離れて我れ居らめやも

[仮名]

おもふゑに あふものならば しましくも いもがめかれて あれをらめやも

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 配流 恋情 羈旅 悲別 狭野弟上娘子

3732

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

安可祢佐須 比流波毛能母比 奴婆多麻乃 欲流波須我良尓 祢能<未>之奈加由

[訓読]

あかねさす昼は物思ひぬばたまの夜はすがらに音のみし泣かゆ

[仮名]

あかねさす ひるはものもひ ぬばたまの よるはすがらに ねのみしなかゆ

[注解]

美→未 [天][紀][細]

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 恋情 枕詞 恋情 羈旅 配流 悲別 狭野弟上娘子

3733

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

和伎毛故我 可多美能許呂母 奈可里世婆 奈尓毛能母弖加 伊能知都我麻之

[訓読]

我妹子が形見の衣なかりせば何物もてか命継がまし

[仮名]

わぎもこが かたみのころも なかりせば なにものもてか いのちつがまし

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 恋情 配流 羈旅 孤独 悲別 狭野弟上娘子

3734

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

等保伎山 世伎毛故要伎奴 伊麻左良尓 安布倍伎与之能 奈伎我佐夫之佐 [一云 左必之佐]

[訓読]

遠き山関も越え来ぬ今さらに逢ふべきよしのなきが寂しさ [一云 さびしさ]

[仮名]

とほきやま せきもこえきぬ いまさらに あふべきよしの なきがさぶしさ [さびしさ]

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 羈旅 配流 恋情 異伝 贈答 悲別 狭野弟上娘子

3735

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

於毛波受母 麻許等安里衣牟也 左奴流欲能 伊米尓毛伊母我 美延射良奈久尓

[訓読]

思はずもまことあり得むやさ寝る夜の夢にも妹が見えざらなくに

[仮名]

おもはずも まことありえむや さぬるよの いめにもいもが みえざらなくに

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 恋情 悲別 狭野弟上娘子

3736

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

等保久安礼婆 一日一夜毛 於<母>波受弖 安流良牟母能等 於毛保之賣須奈

[訓読]

遠くあれば一日一夜も思はずてあるらむものと思ほしめすな

[仮名]

とほくあれば ひとひひとよも おもはずて あるらむものと おもほしめすな

[注解]

毛→母 [天][類][紀][細]

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 恋情 悲別 狭野弟上娘子

3737

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

比等余里波 伊毛曽母安之伎 故非毛奈久 安良末<思>毛能乎 於毛波之米都追

[訓読]

人よりは妹ぞも悪しき恋もなくあらましものを思はしめつつ

[仮名]

ひとよりは いもぞもあしき こひもなく あらましものを おもはしめつつ

[注解]

之→思 [天][類][紀][細

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 羈旅 配流 贈答 恋情 悲別 怨恨 狭野弟上娘子

3738

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

於毛比都追 奴礼婆可毛<等>奈 奴婆多麻能 比等欲毛意知受 伊米尓之見由流

[訓読]

思ひつつ寝ればかもとなぬばたまの一夜もおちず夢にし見ゆる

[仮名]

おもひつつ ぬればかもとな ぬばたまの ひとよもおちず いめにしみゆる

[注解]

登→等 [天][紀]

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 恋情 悲別 枕詞 狭野弟上娘子

3739

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

久婆可里 古非牟等可祢弖 之良末世婆 伊毛乎婆美受曽 安流倍久安里家留

[訓読]

かくばかり恋ひむとかねて知らませば妹をば見ずぞあるべくありける

[仮名]

かくばかり こひむとかねて しらませば いもをばみずぞ あるべくありける

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 恋情 悲別 後悔 狭野弟上娘子

3740

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

安米都知能 可未奈伎毛能尓 安良婆許曽 安我毛布伊毛尓 安波受思仁世米

[訓読]

天地の神なきものにあらばこそ我が思ふ妹に逢はず死にせめ

[仮名]

あめつちの かみなきものに あらばこそ あがもふいもに あはずしにせめ

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 恋情 狭野弟上娘子

3741

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

伊能知乎之 麻多久之安良婆 安里伎奴能 安里弖能知尓毛 安波射良米也母 [一云 安里弖能乃知毛]

[訓読]

命をし全くしあらばあり衣のありて後にも逢はざらめやも [一云 ありての後も]

[仮名]

いのちをし またくしあらば ありきぬの ありてのちにも あはざらめやも [ありてののちも]

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 恋情 枕詞 異伝 狭野弟上娘子

3742

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

安波牟日乎 其日等之良受 等許也未尓 伊豆礼能日麻弖 安礼古非乎良牟

[訓読]

逢はむ日をその日と知らず常闇にいづれの日まで我れ恋ひ居らむ

[仮名]

あはむひを そのひとしらず とこやみに いづれのひまで あれこひをらむ

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 恋情 悲別 狭野弟上娘子

3743

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

多婢等伊倍婆 許等尓曽夜須伎 須久奈久毛 伊母尓戀都々 須敝奈家奈久尓

[訓読]

旅といへば言にぞやすきすくなくも妹に恋ひつつすべなけなくに

[仮名]

たびといへば ことにぞやすき すくなくも いもにこひつつ すべなけなくに

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 恋情 悲別 狭野弟上娘子

3744

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

和伎毛故尓 古布流尓安礼波 多麻吉波流 美自可伎伊能知毛 乎之家久母奈思

[訓読]

我妹子に恋ふるに我れはたまきはる短き命も惜しけくもなし

[仮名]

わぎもこに こふるにあれは たまきはる みじかきいのちも をしけくもなし

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 枕詞 恋情 狭野弟上娘子

3745

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

伊能知安良婆 安布許登母安良牟 和我由恵尓 波太奈於毛比曽 伊能知多尓敝波

[訓読]

命あらば逢ふこともあらむ我がゆゑにはだな思ひそ命だに経ば

[仮名]

いのちあらば あふこともあらむ わがゆゑに はだなおもひそ いのちだにへば

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 悲別 慰撫 恋情 中臣宅守

3746

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

<比>等能宇々流 田者宇恵麻佐受 伊麻佐良尓 久尓和可礼之弖 安礼波伊可尓勢武

[訓読]

人の植うる田は植ゑまさず今さらに国別れして我れはいかにせむ

[仮名]

ひとのううる たはうゑまさず いまさらに くにわかれして あれはいかにせむ

[注解]

此→比 [類][紀][細]

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 贈答 恋情 悲別 女歌 中臣宅守

3747

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

和我屋度能 麻都能葉見都々 安礼麻多無 波夜可反里麻世 古非之奈奴刀尓

[訓読]

我が宿の松の葉見つつ我れ待たむ早帰りませ恋ひ死なぬとに

[仮名]

わがやどの まつのはみつつ あれまたむ はやかへりませ こひしなぬとに

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 贈答 恋情 悲別 女歌 中臣宅守

3749

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

比等久尓々 伎美乎伊麻勢弖 伊<都><麻>弖可 安我故非乎良牟 等伎乃之良奈久

[訓読]

他国に君をいませていつまでか我が恋ひ居らむ時の知らなく

[仮名]

ひとくにに きみをいませて いつまでか あがこひをらむ ときのしらなく

[注解]

豆→都 [類][紀][細] / 摩→麻 [類][紀][温][細]

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 贈答 恋情 悲別 女歌 中臣宅守

3750

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

安米都知乃 曽許比能宇良尓 安我其等久 伎美尓故布良牟 比等波左祢安良自

[訓読]

天地の底ひのうらに我がごとく君に恋ふらむ人はさねあらじ

[仮名]

あめつちの そこひのうらに あがごとく きみにこふらむ ひとはさねあらじ

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 贈答 恋情 悲別 女歌 中臣宅守

3751

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

之呂多倍能 安我之多其呂母 宇思奈波受 毛弖礼和我世故 多太尓安布麻弖尓

[訓読]

白栲の我が下衣失はず持てれ我が背子直に逢ふまでに

[仮名]

しろたへの あがしたごろも うしなはず もてれわがせこ ただにあふまでに

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 贈答 恋情 悲別 女歌 枕詞 中臣宅守

3752

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

波流乃日能 宇良我奈之伎尓 於久礼為弖 君尓古非都々 宇都之家米也母

[訓読]

春の日のうら悲しきに後れ居て君に恋ひつつうつしけめやも

[仮名]

はるのひの うらがなしきに おくれゐて きみにこひつつ うつしけめやも

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 贈答 恋情 悲別 女歌 中臣宅守

3753

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

安波牟日能 可多美尓世与等 多和也女能 於毛比美太礼弖 奴敝流許呂母曽

[訓読]

逢はむ日の形見にせよとたわや女の思ひ乱れて縫へる衣ぞ

[仮名]

あはむひの かたみにせよと たわやめの おもひみだれて ぬへるころもぞ

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 贈答 恋情 悲別 女歌 中臣宅守

3754

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

過所奈之尓 世伎等婢古由流 保等登藝須 多我子尓毛 夜麻受可欲波牟

[訓読]

過所なしに関飛び越ゆる霍公鳥多我子尓毛止まず通はむ

[仮名]

くゎそなしに せきとびこゆる ほととぎす ******* やまずかよはむ

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 恋情 悲別 女歌 難訓 動物 狭野弟上娘子

3755

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

宇流波之等 安我毛布伊毛乎 山川乎 奈可尓敝奈里弖 夜須家久毛奈之

[訓読]

愛しと我が思ふ妹を山川を中にへなりて安けくもなし

[仮名]

うるはしと あがもふいもを やまかはを なかにへなりて やすけくもなし

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 恋情 悲別 狭野弟上娘子

3756

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

牟可比為弖 一日毛於知受 見之可杼母 伊等波奴伊毛乎 都奇和多流麻弖

[訓読]

向ひ居て一日もおちず見しかども厭はぬ妹を月わたるまで

[仮名]

むかひゐて ひとひもおちず みしかども いとはぬいもを つきわたるまで

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 恋情 悲別 狭野弟上娘子

3757

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

安我<未>許曽 世伎夜麻<故>要弖 許己尓安良米 許己呂波伊毛尓 与里尓之母能乎

[訓読]

我が身こそ関山越えてここにあらめ心は妹に寄りにしものを

[仮名]

あがみこそ せきやまこえて ここにあらめ こころはいもに よりにしものを

[注解]

末→未 [類][紀][細] / 許→故 [類][紀][細]

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 恋情 悲別 狭野弟上娘子

3758

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

佐須太氣能 大宮人者 伊麻毛可母 比等奈夫理能<未> 許能美多流良武 [一云 伊麻左倍也]

[訓読]

さす竹の大宮人は今もかも人なぶりのみ好みたるらむ [一云 今さへや]

[仮名]

さすだけの おほみやひとは いまもかも ひとなぶりのみ このみたるらむ [いまさへや]

[注解]

美→未 [類][紀][細]

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 枕詞 贈答 羈旅 配流 怨恨 異伝 狭野弟上娘子

3759

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

多知可敝里 奈氣杼毛安礼波 之流思奈美 於毛比和夫礼弖 奴流欲之曽於保伎

[訓読]

たちかへり泣けども我れは験なみ思ひわぶれて寝る夜しぞ多き

[仮名]

たちかへり なけどもあれは しるしなみ おもひわぶれて ぬるよしぞおほき

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 恋情 孤独 狭野弟上娘子

3760

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

左奴流欲波 於保久安礼杼母 毛能毛波受 夜須久奴流欲波 佐祢奈伎母能乎

[訓読]

さ寝る夜は多くあれども物思はず安く寝る夜はさねなきものを

[仮名]

さぬるよは おほくあれども ものもはず やすくぬるよは さねなきものを

[注解]

母毛 [紀][細](塙) 毛母

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 恋情 悲嘆 悲別 狭野弟上娘子

3761

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

与能奈可能 都年能己等和利 可久左麻尓 奈<里>伎尓家良之 須恵之多祢可良

[訓読]

世の中の常のことわりかくさまになり来にけらしすゑし種から

[仮名]

よのなかの つねのことわり かくさまに なりきにけらし すゑしたねから

[注解]

利→里 [類][紀][細]

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 恋情 悲嘆 自覚 狭野弟上娘子

3762

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

和伎毛故尓 安布左可山乎 故要弖伎弖 奈伎都々乎礼杼 安布余思毛奈之

[訓読]

我妹子に逢坂山を越えて来て泣きつつ居れど逢ふよしもなし

[仮名]

わぎもこに あふさかやまを こえてきて なきつつをれど あふよしもなし

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 恋情 枕詞 地名 滋賀県 大津市 悲別 悲嘆 狭野弟上娘子

3763

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

多婢等伊倍婆 許<登>尓曽夜須伎 須敝毛奈久 々流思伎多婢毛 許等尓麻左米也母

[訓読]

旅と言へば言にぞやすきすべもなく苦しき旅も言にまさめやも

[仮名]

たびといへば ことにぞやすき すべもなく くるしきたびも ことにまさめやも

[注解]

等→登 [類][紀][細]

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 恋情 自覚 悲嘆 狭野弟上娘子

3764

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

山川乎 奈可尓敝奈里弖 等保久登母 許己呂乎知可久 於毛保世和伎母

[訓読]

山川を中にへなりて遠くとも心を近く思ほせ我妹

[仮名]

やまかはを なかにへなりて とほくとも こころをちかく おもほせわぎも

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 恋情 悲別 狭野弟上娘子

3765

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

麻蘇可我美 可氣弖之奴敝等 麻都里太須 可多美乃母能乎 比等尓之賣須奈

[訓読]

まそ鏡懸けて偲へとまつり出す形見のものを人に示すな

[仮名]

まそかがみ かけてしぬへと まつりだす かたみのものを ひとにしめすな

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 恋情 枕詞 狭野弟上娘子

3766

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

宇流波之等 於毛比之於毛<波婆> 之多婢毛尓 由比都氣毛知弖 夜麻受之努波世

[訓読]

愛しと思ひし思はば下紐に結ひつけ持ちてやまず偲はせ

[仮名]

うるはしと おもひしおもはば したびもに ゆひつけもちて やまずしのはせ

[注解]

婆波→波婆 [代匠記精撰本

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 贈答 羈旅 配流 恋情 狭野弟上娘子

3767

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

多麻之比波 安之多由布敝尓 多麻布礼杼 安我牟祢伊多之 古非能之氣吉尓

[訓読]

魂は朝夕にたまふれど我が胸痛し恋の繁きに

[仮名]

たましひは あしたゆふへに たまふれど あがむねいたし こひのしげきに

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 恋情 悲別 悲嘆 女歌 中臣宅守

3768

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

己能許呂波 君乎於毛布等 須敝毛奈伎 古非能<未>之都々 <祢>能<未>之曽奈久

[訓読]

このころは君を思ふとすべもなき恋のみしつつ音のみしぞ泣く

[仮名]

このころは きみをおもふと すべもなき こひのみしつつ ねのみしぞなく

[注解]

末→未 [紀][温][矢] / 弥→祢 [紀][細][温] / 末→未 [紀][温][矢]

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 恋情 悲別 悲嘆 女歌 中臣宅守

3769

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

奴婆多麻乃 欲流見之君乎 安久流安之多 安波受麻尓之弖 伊麻曽久夜思吉

[訓読]

ぬばたまの夜見し君を明くる朝逢はずまにして今ぞ悔しき

[仮名]

仮名] ぬばたまの よるみしきみを あくるあした あはずまにして いまぞくやしき

[注解]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 枕詞 後悔 恋情 悲別 女歌 中臣宅守

[検索用キーワード]

3770

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

安治麻野尓 屋杼礼流君我 可反里許武 等伎能牟可倍乎 伊都等可麻多武

[訓読]

味真野に宿れる君が帰り来む時の迎へをいつとか待たむ

[仮名]

あぢまのに やどれるきみが かへりこむ ときのむかへを いつとかまたむ

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 地名 福井県 武生市 悲別 恋情 女歌 中臣宅守

3771

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

宮人能 夜須伊毛祢受弖 家布々々等 麻都良武毛能乎 美要奴君可聞

[訓読]

宮人の安寐も寝ずて今日今日と待つらむものを見えぬ君かも

[仮名]

みやひとの やすいもねずて けふけふと まつらむものを みえぬきみかも

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 恋情 悲別 大赦 女歌 中臣宅

3772

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

可敝里家流 比等伎多礼里等 伊比之可婆 保等保登之尓吉 君香登於毛比弖

[訓読]

帰りける人来れりと言ひしかばほとほと死にき君かと思ひて

[仮名]

かへりける ひときたれりと いひしかば ほとほとしにき きみかとおもひて

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 恋情 悲別 大赦 女歌 中臣宅守

3773

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

君我牟多 由可麻之毛能乎 於奈自許等 於久礼弖乎礼杼 与伎許等毛奈之

[訓読]

君が共行かましものを同じこと後れて居れどよきこともなし

[仮名]

きみがむた ゆかましものを おなじこと おくれてをれど よきこともなし

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 恋情 悲別 大赦 女歌 中臣宅守

3774

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

和我世故我 可反里吉麻佐武 等伎能多米 伊能知能己佐牟 和須礼多麻布奈

[訓読]

我が背子が帰り来まさむ時のため命残さむ忘れたまふな

[仮名]

わがせこが かへりきまさむ ときのため いのちのこさむ わすれたまふな

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 恋情 悲別 期待 大赦 女歌 中臣宅守

3775

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

安良多麻能 等之能乎奈我久 安波射礼杼 家之伎己許呂乎 安我毛波奈久尓

[訓読]

あらたまの年の緒長く逢はざれど異しき心を我が思はなくに

[仮名]

あらたまの としのをながく あはざれど けしきこころを あがもはなくに

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 恋情 悲別 女歌 心変わり 狭野弟上娘子

3776

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

家布毛可母 美也故奈里世婆 見麻久保里 尓之能御馬屋乃 刀尓多弖良麻之

[訓読]

今日もかも都なりせば見まく欲り西の御馬屋の外に立てらまし

[仮名]

けふもかも みやこなりせば みまくほり にしのみまやの とにたてらまし

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 配流 恋情 悲別 狭野弟上娘子

3777

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

伎能布家布 伎美尓安波受弖 須流須敝能 多度伎乎之良尓 祢能未之曽奈久

[訓読]

昨日今日君に逢はずてするすべのたどきを知らに音のみしぞ泣く

[仮名]

きのふけふ きみにあはずて するすべの たどきをしらに ねのみしぞなく

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 配流 恋情 悲別 中臣宅守

3778

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

之路多<倍>乃 阿我許呂毛弖乎 登里母知弖 伊波敝和我勢古 多太尓安布末R尓

[訓読]

白栲の我が衣手を取り持ちて斎へ我が背子直に逢ふまでに

[仮名]

しろたへの あがころもでを とりもちて いはへわがせこ ただにあふまでに

[注解]

信→倍 [西(訂正)][類][紀][細]

[検索用キーワード]

作者:狭野弟上娘子 天平12年 年紀 枕詞 恋情 期待 女歌 中臣宅守

3779

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

和我夜度乃 波奈多知<婆>奈波 伊多都良尓 知利可須具良牟 見流比等奈思尓

[訓読]

我が宿の花橘はいたづらに散りか過ぐらむ見る人なしに

[仮名]

わがやどの はなたちばなは いたづらに ちりかすぐらむ みるひとなしに

[注解]

波→婆 [類][紀][細]

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 植物 譬喩 恋情 悲別 狭野弟上娘子

3780

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

古非之奈婆 古非毛之祢等也 保等登藝須 毛能毛布等伎尓 伎奈吉等余牟流

[訓読]

恋ひ死なば恋ひも死ねとや霍公鳥物思ふ時に来鳴き響むる

[仮名]

こひしなば こひもしねとや ほととぎす ものもふときに きなきとよむる

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 動物 恋情 狭野弟上娘子

3781

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

多婢尓之弖 毛能毛布等吉尓 保等登藝須 毛等奈那難吉曽 安我古非麻左流

[訓読]

旅にして物思ふ時に霍公鳥もとなな鳴きそ我が恋まさる

[仮名]

たびにして ものもふときに ほととぎす もとなななきそ あがこひまさる

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 動物 羈旅 配流 恋情 怨恨 狭野弟上娘子

3782

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

安麻其毛理 毛能母布等伎尓 保等登藝須 和我須武佐刀尓 伎奈伎等余母須

[訓読]

雨隠り物思ふ時に霍公鳥我が住む里に来鳴き響もす

[仮名]

あまごもり ものもふときに ほととぎす わがすむさとに きなきとよもす

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 動物 羈旅 配流 恋情 狭野弟上娘子

3783

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

多婢尓之弖 伊毛尓古布礼婆 保登等伎須 和我須武佐刀尓 許<欲>奈伎和多流

[訓読]

旅にして妹に恋ふれば霍公鳥我が住む里にこよ鳴き渡る

[仮名]

たびにして いもにこふれば ほととぎす わがすむさとに こよなきわたる

[注解]

余→欲 [類][細]

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 動物 恋情 羈旅 配流 狭野弟上娘子

3784

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

許己呂奈伎 登里尓曽安利家流 保登等藝須 毛能毛布等伎尓 奈久倍吉毛能可

[訓読]

心なき鳥にぞありける霍公鳥物思ふ時に鳴くべきものか

[仮名]

こころなき とりにぞありける ほととぎす ものもふときに なくべきものか

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 動物 恋情 羈旅 配流 怨恨 狭野弟上娘子

3785

[題詞]

中臣朝臣宅守与狭野弟上娘子贈答歌

[原文]

保登等藝須 安比太之麻思於家 奈我奈氣婆 安我毛布許己呂 伊多母須敝奈之

[訓読]

霍公鳥間しまし置け汝が鳴けば我が思ふ心いたもすべなし

[仮名]

ほととぎす あひだしましおけ ながなけば あがもふこころ いたもすべなし

[検索用キーワード]

作者:中臣宅守 天平12年 年紀 動物 恋情 羈旅 配流 狭野弟上娘子